公共施設の猫たち。

とても、残念・・・ですが
一番長く関わっていた「ボタン」ちゃんが
旅立ってしまいました。

その時に
死後硬直がおそかったような気がしました。

ネットで
調べると
幸せだった猫は
苦しまずに逝けるし
硬直も遅いと・・・・・。

科学的な事は
何もないけれど
幸せだったと言うことは信じたいと思います。

そして
やはり
長く頑張っていた「リオ」も
行方不明です。

「リオ」は「ボタン」ちゃんと違い
あまり
人間に頼らない猫でした。

なおさら・・・「リオ」の事
切ないです。

姿見せてくれたら
とても
うれしいよ・・・。
スポンサーサイト

相棒?の「こぐ」。

平成29年9月 こぐ
写真は黒猫「こぐ」

私の思いで
無理をさせてしまったかと心配をした「こぐ」。

昨日は
思わず
「こぐ~!片付けだよ~!」と口から出ていました。
それだけ
散らかしてくれました。

何しろ・・・というか
やっぱりというか
いたずらなやつです。

仏壇に入り込む。
当然、花は飾られない。
灰もこぼされそう。
マッ灰は掃除機があれば・・・と避難は止めに。

指輪も猫サッカーのボールになってしまうので、引き出しに難避。

気がつけば
パワーストーンが散らばっていて・・・。エッ何?????
これは、パワーストーンのブレスレットを口に加え
足で引っ張り
引きちぎった様子が目に浮かびました。

更に
猫サッカーで使った
紙ボールを口に加え
私のベッドにのぼり
それを、更に、ばらばらにして遊び・・・・・

夜は大きな音で
目を覚まし
電気をつければ
故「まつ」✕故「ポンタ」の空中戦の戦場から
紙を下に落としていました。

更に
部屋の中を全速力で走り回り・・・・とほほ。

でも、
やはり面白くて
可愛い~(爆)。

きっと
こうして
猫との生活もすこしづつ上書きされて行く事でしょう。

もう
保護部屋に「こぐ」の居場所はなくなってしまいました。

猫関係も変わっています。

だから
もう少し
仲良くなろうよ~♪こぐ~。

「グリ」の流し目。

平成29年8月 流し目の「ぐり」
写真は「ぐり」
「グリ」は長男が飼っている猫。

結構な悪猫でして・・・・。
それでも
公共施設から拾った猫「甘夏」とテキトーの生活をしている様子~(笑)。

「甘夏」にとっては
頼りになる先輩猫の「ぐり」

で、悪いことをして
飼い主の長男に怒られているところ。

こういうときは
「グリ」は思っています。
『こんなときは怒っているやつとは眼は合わせないことだぁ・・・甘夏!覚えておけ!』と。

故「まつ」のテリトリー。

iei matuto
写真は「まつ」

故「まつ」のテリトリーは
我が家、全部でした。

家のどこに行っても
「まつ」の姿が浮かんでしまします。

お風呂場、台所、居間、三階、小部屋・・・全てが
くつろいで居た場所でした。

いつまで経っても
ちっとも胸の痛みが取れず・・・変だなと思っていました。

あらゆる物、所が「まつ」がいた所なんだとしみじみ・・・・。
このままでは、いつまで経っても
思い出してしまう。

そこで
下の保護部屋の猫を
連れて来ようと
ずっと、考えていました。

いろいろ考えて黒猫「こぐ」に決めました。

で、私の所に連れて来ました。
そこで、思いっきり、自分の思い違いを思い知りました・・・(涙)。

保護部屋で一番懐いていた「こぐ」。
直ぐに馴れると思っていました。

そんなうぬぼれが恥ずかしいです。

「こぐ」はあの保護部屋で
みんなと一緒にいたからこそ
安心したから甘えていたのです。

猫にもよると思うけれど
集団の生活も決して嫌いではないような
気がします。

「こぐ」は猫たちと離されて、
ショックだったと思います。

それで、手の届かない押し入れの奥にもぐってしまいました。

近寄って来ないので
捕まえて
保護部屋に戻すことも出来ず・・・・・。

里親に行った猫のようです・・・・。とほほ。

でも、やっと
食べるようになり
トイレも使っているので
気長に馴れさせるしかないです。

触れるようになってから
次を考えます。

困っているのです・・・・。
1日に一回は
「こぐ」と目を合わせて
謝っています。

「まつ」永眠。

平成29年8月7日 午後5時8分
「まつ」は旅立ちました。

最後は
肺に巣くった腫瘍に対する怒りをぶつけるように
血を吐いて
呼吸が止まりました。

「まつ」は短気だったもんね・・・。

最後のステロイドも全く効果なしでした。
勿論、抗生剤も・・・。
レントゲンには
白い小さなものが写っていて
無数の小さな腫瘍かもと言われました。

寝転がっていると
隣によくきていた「まつ」

そこで
「お耳ぱっくん」遊び。

耳を噛もうとすると
上手に
サッと耳を伏せるまつ。
五勝五敗の闘いで互角だった。

いろいろ楽しかったよ。
有難うね。

シャムハーフの故「ぶるめ」
アメショウの故「ぽんた」
そして
アメショウmixの「まつ」

みんな最後は腫瘍でした。

一番苦しむ最後です。

人間には
残り少なくなっても苦痛を回避出来るのに
猫には
その苦しみをそのままもろに受け
そして旅立つ・・・・。

とても
きついです。

洋猫の保護猫は「銀地」・・・。
公共施設では「ろん」・・・。

いやだぁ・・・・(号泣)。

今日は
火葬です・・・・。
力が出ません。

話の通じた「まつ」
話し相手だったよ・・・・。
有難うね・・。

でも、「ぽんた」と又、喧嘩出来るね。
呼吸も楽になったし・・・・。
大変だったよね・・(涙)。
お疲れ様でした。



プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード