猫と犬。

DSCN0031 (2)
写真は黒犬「ろく」

ラテン系黒ラブ「ろく」も、年をとりました。

とはいえ
性格は変わらず・・・・・。

意外と性格は悪い「ラブ」なのです。

気に入らないおやつとか
単におやつをくれないとか

そうなると
入り口に立ちはだかって
人間を通せんぼ!

おやつをゲットすると
どうぞ~とばかりに横によける。

最近
黒犬「ロク」のエリアに猫の「銀地」と「ちいめ」が入り込んでいます。

「銀地」はまるで故「ポンタ」の代わりのようです。
全く「ろく」がいても平気。

黒ラブ「ろく」は
猫の「銀地」の尻尾をなめたり
黒ラブ「ロク」のケージに猫の「銀地」が
入り込むと
喜んで壁へ尻尾をがんがんと叩く~。

お互いに
刺激になっているか・・・・・。
猫と犬の楽しい風景です。(笑)。
スポンサーサイト

訃報。(マロン)

平成4年(1992年)から始めてしまった外猫たちとの関わり。

当時初めて関わって
感銘を受けた3匹の猫がいました。

シャムハーフの「ママ」
産んだ子猫たちを、慎重に、上手に育て上げました。
耳の聞こえなかった故「にゃおん」には
特に、厳しかったです。
車の音も聞こえないので、道路ではよく母猫「ママ」に頭をたたかれていました。

「にゃおん」を保護して
一年後に「ママ」を術後の一時預かりの時に
再会した「ママ」と「にゃおん」
「ママ」は「にゃおん」がわかり
ルールーと呼んでいたことに感動しました。

そして
中毛で白地にとらの「とらそ」
足が白くてソックスをはいているようでした。
私が初めで最後のカナダへ行って留守の時に
「とらそ」は交通事故でたびだってしまいました。
でも、
その時に私の手に挨拶をしてくれました。
勘違いだと思うかもしれませんが
私は、来てくれたと思っています。

そして
とら柄でも模様がしもふりのようだったので
名前は「しもちゃん」。
その「しもちゃん」は子育てもすごかったです。
トレイに魚を置いたら
「しもちゃん」は必死でトレイ毎引っ張って行きました。
子供たちに上げたかったのでしょう。
そして
「しもちゃん」はその後、最後まで外で生きていました。
そして最後の朝・・・。
顔を上げ
空を見上げて
そしてどこかに
ヨロヨロしながら去って行きました。(友達の家族が見守っていました)
どこで旅立ったかは分かりません。
でも、「しもちゃん」の子育てといい
最後の姿といい感動しました。

これらの出来事があって
感動をして
そして今の猫まみれの私が出来たのです。

今日旅立った「マロン」は「しもちゃん」の忘れ形見でした。

その3匹の猫の原点から25年・・・・・。
全てが終わりました・・・・。「マロン」の死によって・・・・。

複雑です。
悲しいのか
ホットしたのか
でも、心に穴が空いてしまった感じです。

あの当時のみんなに
「マロン」は再会をしているでしょうか・・・。

私も混ぜてくれ~。
会いたいなぁ。

昭和の猫箱~!!!!!

猫箱

何となく
隅に追いやられていた懐かしい猫箱。

丸い入り口から
古着とかいらなくなった物を入れて置いた記憶が・・・。

そして
そこは絶好の猫の住処。

早速
中を掃除して
「銀地」「ちいめ」「ちゃちゃ」の所へ。

「ちゃちゃ」は動かないおばあさん猫。
見ても
動ぜず。

「ちいめ」は早速やってきて
中に入ったちいめ。
が、出るときは
少し窮屈そうで、やっと入って出た感じ。

「銀地」も同じように
入ろうと・・・・・・・・・・・・・。

が、中に入ることも出来ず
途中ではまって動けず・・・・・・・・・・(爆)

しかし・・・・・これを壊さないと・・・・と思ったところ

やっと
両足で踏ん張って
やっと抜けました~\(^O^)/

この二匹
もう
中に入ることはないです~(笑)。

それにしても
昭和の猫は痩せていた?(笑)。

というか
太りすぎだよ。
特に「銀地」くん。

飼い主の責任?(苦笑)。

一週間。

気がつけば
「いっぷく」の火葬が終わって
一週間が経っていました。

一緒に最後まで見送って分かった事は
「いっぷく」は甘えん坊だったと言うことでした。

最後はほとんど
ケージの中でなるべく落ち着くように
布などで囲ったりするのですが
「いっぷく」はいやがりました。

鳴くのです。

で、そのたびに体をなでていました。
なでるのを止めると
又、鳴くのです。

最後はとても穏やかで
苦しまなかったです。

苦しくて、口も開けることもなく・・・・。

しみじみ
あの環境で15年位頑張っていたと・・・・。

いっぷく自身も頑張ったけれど
それを支えてくれたのは
やはり
ボランティアさんたちだと思います。

有難う御座いました。

今後
いろんな問題(公共施設の建て替え問題?移転?)が迫ってくるなか
今は
嵐の前の静けさのようです。


h29年2月9日の「いっぷく」

今朝、「いっぷく」のいる部屋を覗きました。

今までは、必ずこたつから出て
入り口で待ってくれていた「いっぷく」

でも、今朝はその姿はなかったです・・・・。

覗くのが怖くて・・・・。確かめるのが怖くて・・・。

代わりに、近くにいた他の猫をギュッ!と抱きしめ
体温を感じていました。

でも、ヨロヨロとやっと出て来たいっぷく・・・・。

状況は好転していないし
奇跡も起きていないけれど
とっても、嬉しかった・・・。
ただ、生きていたというだけで・・・・。

おそるおそるnキャリーに入れ
私に部屋のケージに入れました。

しばらく
一緒だよ。

まつは部屋の押し入れに、逃げました。

よろしくです。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード