肩の荷。

父を送ったことで
肩の荷が降りたのを、少しずつ実感。

が、疲れは・・・・反比例です。
疲れた~~~。

猫の大家さんの「とら」。
今度は、喪主を相変わらずやっています。


姉も、こちらから猫を2匹持って行って可愛がっているので
・・・(ほとんど猫かわいがりですが・・・)(苦笑)。
なので、猫の大家さんの事も気にしてくれています。


頑張れ~

猫の大家さん。

少しでも、長く、元気で生きてね・・・。
スポンサーサイト

心もよう・・・?

認知症の心もようという記事を読みました。



今日の父は変わらず・・・かな。

そういえば、ふと「あんた、お金あるの?」
と私の懐具合を心配してくれました(笑)。
この時、回線は少しつながったのでしょうか。


昨日、介護の認定を行う市の方が見えて、いろいろ父に聞いていました。

「あなたの名前を教えてください」
と問いかけに
「1609番」

これには私は仰天。

「これは、住所の事でしょうか?」と市の方。
「いえいえ・・・住所ではなくて・・・多分(戦争の時の番号ではないかと)」



最近、車椅子に乗っている事が多いです。
「よかったね♪乗せてもらって・・・」

が、車椅子に乗ると
「帰ろう帰ろう家に帰ろう」のコール。
いたたまれないです・・・・・。

家がいいに決まっているのに、連れて行ってあげられない。
自宅で、私が介護が出来ない・・・・。
やれるのに、やらないのかしら・・・と自分を責めてみたり・・・。

そんな時に読んだ記事。

認知症の人のふる里・・・。
帰りたくて、心に浮かぶのは、はじめは、住んでいた家。
次は、子供の頃の故郷。
現実にはない故郷。

それは、やがて、心のふる里・・・暖かく包まれて癒される事に変わっているのだそうです。


そうなんだ・・・と改めて納得しました。

時間がある限り、父の所に行き、訳のわからない会話に付き合い・・・・
決してこの事は無駄ではないと言う事でしょうか。

自分の事を、気にかけている人がいる・・・この事がやがて心のふる里になっていくのでしょう。


つい猫の事も思って比較してしまうのですが、
猫も外猫でも、気にかけてくれている人がいる猫は、まだ幸せなのでしょう。

人間以外の動物は、足が動かなくなる時は旅立ちの時。
でも、人間は足が動かなくても寝たきりになっても生きられる。

幸せなのかどうかは、ケースバイケースになるでしょうが
絶対幸せとは、思えないです。

何故?

DSCN1308 黒犬「ろく」
黒犬「ろく」ちゃんも年をとりました。

夜は、ハウスに入ってよくねています。

アメショ「ポンタ」が夜、外に出たがっても、戸を開けたがっても、知らん顔をして寝ています。
以前は、好奇心が強い「ろく」は、少しでも戸が開ければ、その後はお任せとばかりにいっぱい戸を開けていたのですが・・・・。
「ポンタ」は今は諦めて、自分で戸を開けるのを頑張っています。



父が病院を転院して変わった事は・・・・ただ、病院にいる時間が短くなっただけ・・です。

相変わらず毎日病院に行っています。

ヘルパーさんも、家族も、姉も、病院も毎日行かなくても・・・・と言ってくれます。


それなのに何故・・・といった所です。



病院に行った時の父の目・・・トロンとしています。
でも、短時間でも訳のわからない会話をしているうちに、目に力が宿ります。

そして、不毛な会話の中でも、時々、つながって光る言葉が出てきます。
そんな時は、嬉しくて、メモメモ・・・・。
でも、ほんの一瞬です・・・・。
回線が繋がると言う事は、一瞬だし、いつ来るかわからないのです。


その一瞬が欲しくて、行っているのでしょうか・・・。
自分でもわからないです。


精神的な疲れは、変わらないですね。
何とか・・・・切らないと・・・・。

区切り。

今日、父は転院しました。

疲れていて、こんな時は不幸な猫は見たくないもの・・・・。
が、見てしまいました。

転院先の駐車場の向かい側。
数匹の猫達が、集まっていました。
鳴いていました・・・。

どうやら、猫達に餌をあげている人がいるらしい。

気にしていたら、その方に遭遇。
少し厳しそうな顔の方でした・・・・。
苦情を言う人もきっといるでしょう・・・。


これから、病院に行く度に、この猫達に出会うのでしょうか・・・・。
これは、ちと、つらいですね。




病院では、院長先生と打ち合わせをしました。
その時に、
「面会はどの程度来られますか?」
と聞かれ、今までは毎日だったので
「毎日でも、来ようかと思っているのですが・・・」
と言った所
笑いながら
「毎日なんていいですよ。一週間に2日か3日でいいですよ」
と言われ、少し・・・?????

行かない方がいいのかしら?と思ってしまいました。



今までの病院では、治療目的の病院だったので
その治療がスムーズに行く事・・・その為に病院に付き添っていました。
看護師さんや他の患者さん等に迷惑がかからないように・・・とヒヤヒヤものでした。

しかし転院先の病院では、介護が入るので、その点は気持ちが楽・・・ですね。

自宅にいる時も、ヘルパーさんにお願いしている時でも、どこかで不安がありました。
何が起きるか・・・と言う不安でした。
転んで怪我をするとか、発熱とか・・・。

今回も多少の不安はあるものの、起きた時の対処までやってもらえるので、気持ちは楽です。
とにかく、病院に連れて行くことの大変さからは解放されたと思います。

まだ、実感はないものの、やはり楽になったと思うようになりました。

ただ、父にとってはどうなのでしょう。
とりあえず、明日、様子を見てこようかと思っています。

相変わらず、騒いでいましたが・・・(^_^;)
トホホ・・・です。

気になる偶然。

やはり・・・病院の昨日のこんな偶然・・・気になりました。

なので、今日病院の看護師さんに聞いてみました。

教えてくれない事の方が正解でしょうけれど・・・・。


そしたら、「下の緊急病棟に移ったのでわからないの・・・」との事。

・・・・よかった・・・・。


こんな偶然、ぞっとするもの・・・。




ルパンを霊園に送った日の午後。
いつもの病院の付き添いでした。

いつもは認知症は怒ってはいけない・いけない・・・と思っているので怒る事はほとんどなかったのです。

でも、多分、動揺していたのでしょう・・・この日は・・・。

父がオイ!と怒鳴ると反射的に「何!!!!!」と怒鳴り返していました(苦笑)


これが尾を引いたのか、今日も怒鳴り、怒鳴り返しの攻防戦が続いてしまいました・・・・(^_^;)

人生の時間を無駄に過ごしているような・・・・そんな気がしました(^_^;)






昨日、やっと、お庭番の「モノクロ」ちゃん・・・姿を見せてくれました。
ホッとしました・・・。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード