「まつ」永眠。

平成29年8月7日 午後5時8分
「まつ」は旅立ちました。

最後は
肺に巣くった腫瘍に対する怒りをぶつけるように
血を吐いて
呼吸が止まりました。

「まつ」は短気だったもんね・・・。

最後のステロイドも全く効果なしでした。
勿論、抗生剤も・・・。
レントゲンには
白い小さなものが写っていて
無数の小さな腫瘍かもと言われました。

寝転がっていると
隣によくきていた「まつ」

そこで
「お耳ぱっくん」遊び。

耳を噛もうとすると
上手に
サッと耳を伏せるまつ。
五勝五敗の闘いで互角だった。

いろいろ楽しかったよ。
有難うね。

シャムハーフの故「ぶるめ」
アメショウの故「ぽんた」
そして
アメショウmixの「まつ」

みんな最後は腫瘍でした。

一番苦しむ最後です。

人間には
残り少なくなっても苦痛を回避出来るのに
猫には
その苦しみをそのままもろに受け
そして旅立つ・・・・。

とても
きついです。

洋猫の保護猫は「銀地」・・・。
公共施設では「ろん」・・・。

いやだぁ・・・・(号泣)。

今日は
火葬です・・・・。
力が出ません。

話の通じた「まつ」
話し相手だったよ・・・・。
有難うね・・。

でも、「ぽんた」と又、喧嘩出来るね。
呼吸も楽になったし・・・・。
大変だったよね・・(涙)。
お疲れ様でした。



スポンサーサイト

「お帰り~♪ちいめ♪」・・でも・・。

「ちいめ」は
捕獲器を使ったところ
入ってくれました~\(^O^)/

でも、何か違和感がありまして・・・・。

「ちいめ」の脱走は三回です。
今までの二回は
必ず、出た所から入って、戻ってきていました。

でも、今回は
ほとんどもぐった茂みから動こうとしなかったです。

部屋に戻しても
この場所がどこなのか
認識していないような感じがしました。

(ーー;)年をとってしまったということでしょうか・・。
人間と一緒ですね。
ちと、寂しいけれど・・・。


平成29年8月5日 まつ
写真は、ぐったりしている「まつ」。

で、鯖とら「まつ」・・・。
昨夜は
もう、だめだと思いました。

夕方には
食べる意欲を見せていつものように食べていました。

所が

口を開けて
よだれを垂らし
呼吸が激しくなり・・・
この様子を見て
もう、逝ってしまうと
覚悟をしました。

でも、夜中の2時頃には
落ち着いてきて何とか夜は持ちました。

今日、病院へ。

肺炎が悪化していました。

食べていると
油断をしてしまいます。

やはり
「まつ」も外で生きてきた子だったと
しみじみ
思いました。

ゴメンね。

それから
腰も悪く
人間で言うなら「ヘルニア」だそうです。
これは、痛いです・・・・。

昨夜を乗り切った「まつ」。

生きる意欲は
あると
信じています。

しばらく通院です。

尻尾の祈り・・。

不覚な事に
「ちいめ」を脱走させてしまいました。本当にトホホです。

親分とちいめH28年2月
写真は「ちいめ」と言うことで・・。若い頃です。

が、戻って来ると七割思っていましたが
近くに姿を見せるものの
一向に
部屋に戻る気配がありません。

同居猫は「ちいめ」の他に「銀地」「ちゃちゃ」たち。

で、ねぐら探しを「銀地」に託しました。
扉を開けて
「銀地」も外に出しました。
H27年12月 銀地
写真は若い頃の「銀地」

で、期待に応えてくれた銀地。

人間からは見えないところに
姿を隠していた所を見つけてくれました。

しかも
連れ出そうとしてくれたけれど
そこは猫。

続いて出てこない「ちいめ」にしびれを切らしその場を離れました。

でも、さすがに凄いと感激!
有難う~「銀地」!

更に凄かったのは
「銀地」は部屋に戻りたがり
戻すと
おばあさん猫「ちゃちゃ」の所に行き
まるで安否を確認するように
挨拶~。
H27年12月 
写真は若い頃の「ちゃちゃ」

(ーー;)凄すぎるよ。
「銀地」の株が上がったのは言うまでもない事でした。

他の猫たちは
外に出ると猫が変わり
野良に戻ってしまう・・・(涙)

部屋の中でいくら甘えても
外になると、ほとんど来ないです。

そんななかで「銀地」は全く
外も中にいても全く変わらず・・・(うれし泣)

もう、「ちいめ」を戻すのは
捕獲器を使うしかないです。
「ウメ」ちゃんの二の舞はしたくないので
頑張るしかないです。

で、おまじないもやってみました。

それは
長い尻尾の猫の先を手で挟み
「ちいめが戻ってきますように・・・」南無南無・・・・。

おまじないに協力してくれた猫は
「ぐれたろう」「ミラ-」「こぐ」だけでした。

短いしっぽだったり
そんなことをすると
逆襲にあうので・・・・(恐)

どうか、おまじないが効きますように・・・・・。


「まつ」の事。

29年 まつ
写真は「まつ」

年齢は分からないです。
が、かなり高齢だと思います。

そして
腰の辺りは激やせです・・・・。
そして
呼吸が激しいです。

「まつ」が横になるとき
人間でいうなら
痛みをこらえてなんとか座れたってみたいな・・・・。

感心をするのは
多分痛みもあると思うけれど
頼ることもなく
淡々と生活している事。

抱っこや
一緒に腕枕で寝る事は嫌いな様子。

嫌いと言うより
子猫の時にそんな経験はなかったのでしょう。

でも、さりげなく
私の近くにいる「まつ」。(苦笑)

ただ、他の猫は嫌いなので
このまま
一匹だけで
静かに過ごさせたいと思います。

少しでも
苦しまずに
長く一緒にいましょう~ね。

甘夏通信。

H29年3月24日甘夏

久々の「甘夏」です。

保護した時から逆算して
3月生まれ(多分)と推定。

丁度息子とも、私とも同じなのでわかりやすいかと~(笑)。

1歳のお誕生、おめでとう~。甘夏。

自分から甘えてくるときは甘えん坊。
布団にも入ってくるとか・・・・。

が・・・・・自分から離れた時は
逃げて捕まらない・・・・。

引っ越しの時も
もう1匹の黒猫「ぐり」は直ぐに出て来たけれど
「甘夏」はほぼ1日出て来なかったとか・・・・。

マッ・・完全室内飼いなので
出てくるまで待っていられるよ~\(^O^)/


プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード