甘夏通信。

H29年3月24日甘夏

久々の「甘夏」です。

保護した時から逆算して
3月生まれ(多分)と推定。

丁度息子とも、私とも同じなのでわかりやすいかと~(笑)。

1歳のお誕生、おめでとう~。甘夏。

自分から甘えてくるときは甘えん坊。
布団にも入ってくるとか・・・・。

が・・・・・自分から離れた時は
逃げて捕まらない・・・・。

引っ越しの時も
もう1匹の黒猫「ぐり」は直ぐに出て来たけれど
「甘夏」はほぼ1日出て来なかったとか・・・・。

マッ・・完全室内飼いなので
出てくるまで待っていられるよ~\(^O^)/


スポンサーサイト

一週間。

気がつけば
「いっぷく」の火葬が終わって
一週間が経っていました。

一緒に最後まで見送って分かった事は
「いっぷく」は甘えん坊だったと言うことでした。

最後はほとんど
ケージの中でなるべく落ち着くように
布などで囲ったりするのですが
「いっぷく」はいやがりました。

鳴くのです。

で、そのたびに体をなでていました。
なでるのを止めると
又、鳴くのです。

最後はとても穏やかで
苦しまなかったです。

苦しくて、口も開けることもなく・・・・。

しみじみ
あの環境で15年位頑張っていたと・・・・。

いっぷく自身も頑張ったけれど
それを支えてくれたのは
やはり
ボランティアさんたちだと思います。

有難う御座いました。

今後
いろんな問題(公共施設の建て替え問題?移転?)が迫ってくるなか
今は
嵐の前の静けさのようです。


h29年2月9日の「いっぷく」

今朝、「いっぷく」のいる部屋を覗きました。

今までは、必ずこたつから出て
入り口で待ってくれていた「いっぷく」

でも、今朝はその姿はなかったです・・・・。

覗くのが怖くて・・・・。確かめるのが怖くて・・・。

代わりに、近くにいた他の猫をギュッ!と抱きしめ
体温を感じていました。

でも、ヨロヨロとやっと出て来たいっぷく・・・・。

状況は好転していないし
奇跡も起きていないけれど
とっても、嬉しかった・・・。
ただ、生きていたというだけで・・・・。

おそるおそるnキャリーに入れ
私に部屋のケージに入れました。

しばらく
一緒だよ。

まつは部屋の押し入れに、逃げました。

よろしくです。

「いっぷく」・・。

H28年6月29日 いっぷくとサンバ。
写真は公共施設の「サンバ」と保護した「いっぷく」

本当に切ないですが
「いっぷく」の今朝は一応様子は元気そうでした・・・・。

でも、夕方は
もう食べなくなっています・・・・(涙)
しかも
目やにの固まりが
目に張り付いていていました。
固まりをとっても
目には膿のような液体が・・・・。(号泣)
多分
1日、2日持つかどうかだと思います。

でも、張り付いた目やには
とてもおとなしく
取らせてくいれました。
有難うね・・・いっぷく。


昨日の「いっぷく」は、とっても元気で
「ちいめ」や「ちゃちゃ」のパウチも
横取りする勢いで食べていました。

その様子が嬉しい反面
最後の輝きになりそうな気がしていました。
そうでないことを祈りながら・・・。

2階には明日連れて来ようかと思っています。
アンかも入れて
用意をしました。

環境の変化が
悪い方に行かないようにと思い
タイミングをはかっています。


又、今日は公共施設の今後について
TVで報道されました。
いっぷくのいた所が
一番影響を受けやすいのかなと思いました。

いっぷくの産まれ
育ったところ
生きてきたところ

残念ではあるけれど
様変わりすることでしょう。

知らなくてよかったのかも・・・。(涙)

「いっぷく」の変化。

最近、「いっぷく」を抱くようにしています。

ものすごく・・・軽いです・・・・。(涙)

フードも以前のようには
食べてくれないので
専用の器に、粉ミルクとスープを入れて起きます。
その時は
食べてくれなくても
必ず器は空になって居るので
それを見ると
ホットします。

もう少し大丈夫かな・・・・と思うのです。

今までは
お腹が一杯になると
さっさと自分の所に潜り込んでいたけれど
最近は
私が移動する所に着いて来ています。

多分
あまり食べられなくなって
その分
よそに目が向いたというところでしょうか・・・・。

ただ、穏やかなのが救いです。

あと
そんなに長くはないと思うとつらいです・・・。

でも、よかったよ。
いっぷく・・・。
短い間だけれど・・・・・も。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード