父。

やはり、父の回復は難しいです。

今は肺炎を起こしています。
熱も上がったり、下がったりです。

手術の時に先生に「手術をすると、寝たきりになると思うのですが・・」と聞いた所、
先生は「手術で、寝たきりになりません。」・・・・・・?????

多分お医者さんは、病気の事だけで、人間全体を見ていないのです。
ペースメーカーを入れる手術は成功したのかもしれません。
でも、手術に耐える体力は・・・・どうだったでしょうか。

それでも、手術以外に、解決策はなかったと思うので仕方がないです。



今は、食事に介助に通いどころか、毎日病院に泊まっています。
食事の介助も今はありません。
鼻から管です。
泊まりも、さすがに四日目は堪えました。

で、今夜から二晩姉が泊まります・・・・助かった。
でも、その後は、又病院に泊まりこみです。

餌場は友達に頼みました・・・・。助かった。
家の猫の簡単な餌、トイレ掃除は次男がやってくれています・・・助かった。





「とら」の事は、」どう考えてもあれは、「とら」のお別れだったような気がしてなりません。
・・・・そして、命があっても、父はもう自宅に戻る事はありません。(号泣)
もう、あの時のように「とら」と一緒に寝る事もありません。

切ないです。(涙)
スポンサーサイト

精神疲労。

昨日も、一応眠りました。

食事も、取っています。

でも、抜けないのよね・・・この疲れ。





やはり、父はこのまま寝たきりになりそうです。


反面、面白い事に
脳に血液が回るようになった為か、反応がいい時が出てきました(爆)。


二つとなりのベットの人が、看護士さんに
「では、帰りますのでよろしくお願いします」と挨拶。

すると、「ハイ、ごくろうさん」と父。

かと思えば、「まだ、戦争はおわっていない」と頑張る父。

・・・「たえがたきをたえ、しのびがたきをしのび・・・と放送を聞いたでしょ」


珍問答で、面白いです。
父の頭の中に浮かぶ事に興味深々です(苦笑)。

ただ、戦争がトラウマになっている事は間違いないようです。


多分、私だったら
猫が増えて、困っている場面しか出ないかもしれません~(笑)。

京都の姉は、あっさり明日帰ります。
「後は、よろしくね~」と・・・・・(涙)


病院の現場は、人手不足。

食事の介助の患者さんが多いそうで・・・・。

なので、出来ればご家族で、食事の介助をお願いしたい・・・・との事。
建前は、完全看護ですが・・・・実情は厳しいです。


明日の夕食から、一日3回の病院通いが始まります。




もし、父がこのまま自宅に帰れないとしたら・・・・
「とら」が不憫で涙がでます。

「とら」は父を待って
今朝も、父のベットで、寝ていました・・・・・。

緊急入院・手術

父は、午後倒れて緊急入院です。

検査の結果、明日手術になりました。

この歳(88歳)で・・・・手術?????
入院によって進む認知症。
そして、寝たきりになる可能性が大・・・・。

こんなにリスクがあっても、手術しかなさそうです。

病名は「完全房室ブロック」(不整脈)です。

わかっていたのですが・・・・心臓が駄目になるか、認知症で壊れるかどちらかだと思っていたのですが、同時進行のようでした。

認知症にかかっていての入院・・・とても大変な事です。

治療と言う事が理解でkないので・・・・・。

点滴はむしりとろうとするし、怒鳴るし・・・・。
訳のわからない事をいっているし・・・・。
とにかく、入院中は、ずーと付き添って、監視をしながら、なだめるしかないです(涙)。
一番大変です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

父は、入院すると、若い時に軍隊で入院した事を思い出し、恐怖で混乱するようです。

入院している時に、薬とか人体実験の恐怖のようです。
何かをされると言う恐怖。

きっと、戦争中に何かそのような事があったのでしょう。
戦地で、入院していた事の方が長かったので。


「戦争は終わっているんだよ」
「ここは、病院で、安全な所、いい所なんだよ」
「みんな、働いている人たちなんだよ」

この事を、何回も何回も繰り返して伝えるしかないです。

戦争の傷跡なんて全くわからなかったのですが、深い所で、戦争に行った人間は傷ついているのかもしれません。


不憫なのは、父の飼っているトラ猫の「とら」。
何か思うのか、今日の朝も、父の布団で一緒に寝ていました。
とにかく、父の所から離れないです。
こんな事は、ほとんどなかった事なのですが・・・・・・。

救急車で運び出される時も、布団の上から、ジッと見ていました。

父の事よりも、「とら」の事が気がかりです・・・・。

明日、京都から姉も来ます。

公共施設の「バニラ」

子猫「ぐら」
写真は、いたずら、甘えん坊、食いしん坊の「ぐら」で~す。

写真のサイズがうまくいきません・・・・・(~_~;)
そのうちに・・・・慣れるでしょう。多分・・。


今夜は、公共施設の「バニラ」の保護をめざしました。

Aさんが頑張って、洗濯袋で捕まえようとしましたが・・・・逃げられました。

・・・・((+_+))・・・又来週がんばるしかないです。

帰ってきました。

今日、父はショートステイから帰ってきました。

今日、次男もタイから帰ってきました。


父は、帰ってきたら歩く事がおぼつかなくなって帰ってきました(号泣)。
この先がどうなっていくのか不安だらけ。

・・・思わず姉に電話をしてしまいました。
電話をしてどうなるものでもないけれど・・・不安なのです。

父の飼っている猫「とら」は、帰ってきたのがわかるのか、何回も何回も鳴きました。

とりあえず、父を次男と二人がかりで、やっとの思いでベットまで連れて行き、寝かしつけました。
すると、「とら」も一緒になって布団に入り、父の腕枕で添い寝をしていました。(笑)

でも、「とら」の目は開いていて、父を寝かしつけてから、布団から出てきました。
「とら」も可愛いです・・・・。健気で・・・・。



次男が飼っている猫の「まつ」。

猫は、家につくといわれるけれど、「まつ」を見ている限りそんな事はなさそうでした。

時々餌のチェックをしに次男の部屋で食べていたようですが・・・・。
まぁ次男が戻った事がわかれば、又、いつものような生活に戻ると思いますが・・・・・・。

果たして・・・・帰ってくるかしら?

「まつ」~早く帰っておいで~~~。

頭痛。

いろいろ考える事がありまして・・・・。
いろいろ観察をする事がありまして・・・・。

で、全て行き詰って頭痛です。

最近保護した黒子猫「ぐら」。
猫ハウスで、何とか馴れないものと様子を見ていました。
さらに、里親募集中も「チャチャ」の保護も・・・。
一応飼ってくれるという人がいるのですが今一確実性がない。
もしかしたら、見つかるまで保護の可能性も・・・・ありです。

さらに、公共施設の白猫「バニラ」と中毛トラの「キャメ」が具合が悪そうです・・・・(涙)。
保護が目の前にぶら下がっているのですが・・・・。
これらの猫達の保護が可能かどうか・・・・その為に猫ハウス・ももじろうハウスの観察しました。

猫ハウスの住猫は、11匹(子猫「グラ」を含めて)。
この中で、仲良くできず、いじめたりする猫が・・・・いました。

一番悪が「ミラー」。
次は「ジャック」。
次は、足の悪い「チャコ」。

この三匹同士で喧嘩は勿論、「ウメ」をいじめたり・・・。
愛情不足思?かと思って、いつになく長く触ったりしたけれど、ついにうるさいとばかりに爪パンチ~!!!!!

「ミラー」のパンチはしびれる位痛かった・・・・よ!

三毛猫「ミミ」は心は硬い硬い・・・・。
さびの「ごまめ」は、遠巻きで、高みの見物。
年寄りの黒猫「ポッキー」は見てみぬふり・・・。
「ぐれたろう」は八方美人だし・・・・。

唯一「ぐら」を受け入れていたのは「ブルメ」。
しかし、この「ブルメ」も「ミラー」は怖い様子・・・・・・。

公共施設から保護してケージにいる「おはぎ」。
もともと体調不良で保護したので、ほとんど丸くなって寝ているばかり・・・。
下痢と便秘を繰り返し・・・・。
ハウスの中の出来事には、とてもとてもです。我が身で精一杯の様子。
でも、夜、みんなに缶詰を分けるときは、可愛い声でアピール~~~♪

・・・・・このハウスも、これ以上の保護は難しい・・・・。


ならば・・・ももじろうハウスは?
とばかりに観察しました。
住猫は、12匹。
・・・・いずれにしても、猫たちは嫌いな集団生活をしています。
仲がいいももじろうハウスの猫達ですが、今はぴったりパズルがはまっている様子。
パズルなので、代わりはなく、数が減ってもはまらない・・・・・

このスペース・密度を考えるとこれ以上保護猫達に負担はかけられないです。

今までは「幸せのおすそ分けだから、ゴメンね」だったけれど、限界でしょう。




猫の保護問題ばかりでなく、車も故障。
修理に、かなりかかりそう・・・・(号泣)。

ブログの引越しもあるし・・・・・。
今までのブログは、ダウンロードが出来るのか疑問だし・・・・。
このブログも慣れてないのでよくわからないし・・・・。

今までかいた旧ブログを見直して凹むし・・・・。

名前すら思い出せない猫もいて・・・・罪悪感やら・・・・。



そんなこんなで・・・・・

頭痛で~すぅぅぅぅぅ。

父。

父は、かなり認知症が進みました。

いわゆる「ボケる」と言う事なのですが・・・・。

他人は、この事にいろいろ理由をつけてくれます。

「やっぱり、一人暮らしだといボケるのよね~」とか・・・。

一人暮らしでも、ボケない人もいるわい!(怒)

「早く、刺激を与えるように施設に入れればよかったんじゃない!」

父が、デイサービスやショートステイなどを喜んで楽しめるようならとっくに入れているわい!(怒)
本人の気が進まないことを、無理にいい事だからってやらせる事ってどうなんだろうか・・・。


今夜の父は最悪です。
全く言う事がわからないし・・・・。
言う事を聞き取ろうとしても、出来ない。
何を言っているのか、わからないのです・・・・(涙)。
そして、ベットに寝かせるまでが、時間がかかるようになりました。

そして・・つい、次にやらなければならない事が頭をよぎり、まったりと付き合う事が負担になってきました。

それにしても、父の頭の中は、何が浮かんでいるのだろうか・・・・。
知りたいです。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

結婚式

京都の平安神宮で、結婚式を挙げた甥。

で、結婚式そのものが、珍しい私。

挙式の感想としては、主役は新郎新婦ではなく、巫女さんでしたねぇ。
これは・・・意外でしたねぇ・・・。


巫女さんの動き、舞がなかなか魅力的でした(苦笑)。


披露宴の会場も、そうどう?と言う名前のレストラン。
サービスもなかなかでした。


しかし・・・・おばはんとしては、一瞬の式にかなりの金額をつぎ込んだような・・・・。
大丈夫かしら?

果して、その人生の一瞬が、高いか安いか・・・・・。


それは、今後の二人の問題なのでしょうねぇ。


まさに草食男子と肉食女子・・・・でも、きっとうまくいくと思います。
そんな気がしました。


過ぎてみれば、結婚って、ほんと微妙です。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード