距離。

人との付き合い・・・。
それは、その人との距離で、心地よい付き合いが出来るか決まるものでして・・・・。
相手と同じ距離が一番です。

で、相手との距離の目測を、誤るのは、どうしても家族ですねぇ・・・・(苦笑)。

それも仕方がないかと・・・・・。
なぜなら、家事って時間を取られて、その度に相手の事を考えていても、相手はその時間何も考えていない訳でして・・・・。

このおかずは好きだったとか、座るあたりをきれいにしてあげようとか・・・・。⇒押し付けっぽい?


マッ、付き合いの距離は、又、計りなおせばいいでしょう。
それにしても、猫はえらい。

距離なんて考えずに、単にいるからねぇ・・・。
嫌ならいないだけだし・・・(笑)。


で、わかった事は、落ち込んでいる時は
本はあまり読めず
それよりも手仕事が一番だと・・・。

なので、又、織物をやりました。

前回の黒のショール・・・やっと終わりました。
今は、たんすの敷物。

これも、失敗作にほとんどなっています(涙)
この失敗を次回に生かしましょう~♪





そろそろ猫の大家さん。
喪が明けたようです。

今日は、外に出たがり
祭壇の前に座る事も、少なくなりました。
そして、寝る時も以前の押入れに戻りました。

時間がある時に、ベランダにでも出してあげようかな。
スポンサーサイト

キャメとすず

在りし日のキャメ

先週、旅立ったキャメ。




すず


同じ公共施設ですが、居た場所は微妙に違ったすず。


雰囲気が似ているような気がしたのですが、
こうしてみると、似ていないような・・・・(^_^;)



すずは、元気です(笑)。

東京の長男が飼っている「ぐり」。
あまりのすごさに、成猫で教育係をマジで欲しがっていました。


「教育係はどう?家のいる猫さんで・・・」と私。

「((+_+))・・・・選ぶなら・・・すずかな・・」と長男。

「お~すず~。喜べ~。都会のねこになれるぞ!!!!!」と次男。

しかし・・・一人で帰ってしまいました。

この二人は「すずが三毛猫なんて認めない!!!!!」と言っていました。


でもねぇ・・・・二人でいくら三毛の模様にけちをつけても一応三毛のオスなんだから・・・・。

すずは少し意地悪・・・(笑)

ランチを天敵にして、時々追いかけています。
ちいめとは相変わらずセットになっています。


すずにも、キャメが来ると伝えていたのですが・・・残念です。

猫の大家さん。

父ととら

喪主のとらさんです。


父ととら2


有難うございます。
お次の方、お線香をお願いいたします。

キャメとバニラ

キャメは、残念でしたが旅立ちました。

18日に捕獲のつもりでいたのに、父が急変した為に捕獲どころではなくなってしまって・・・。

ただ・・・多分・・・18日にうまく保護できたとして、命は難しかったと思います。

キャメは、関わっている方たちが、捕獲して、大変な中、病院に入院させてもらい・・・・。
・・・良かったです。
キャメの危篤で、予定を変更して病院に行ってくれたくろこだいるさんやMさんや、車を出してくれた方やら・・・・
有難うございました。

以前、保護した時このまま、キャメを保護しているよりも、
ひ弱そうな「アサヒ」ちゃんを保護した方がいいと思って
リリースするはずだった「アサヒ」ちゃんを保護して「キャメ」を公共施設にリリースしました。

しかし・・・暴れて、怒ってリリースの為にケージから出すのも大変でした・・・(^_^;)

リリースする時、弱ったら保護するからね・・・・とキャメに誓っていたのですが・・・・・・。
間に合わなかったです(涙)。


バニラも気になり、又、手遅れになるとつらいので
今夜、捕獲を試してみました。

出口、入り口があくキャリーで試してみたけれど、((+_+))・・・・無駄でした(苦笑)。


でも、バニラは、思っていた以上に元気そうでした。

・・・・もしかしたら・・この冬、乗り切れるかもと思ったり。


キャメは、旅立つ前日も食べていたそうです。

外猫達は、食べないと死に結びつくので、ギリギリまで食べています。
なので、バニラも食べているからと言って安心は出来ないのですが・・・。


とりあえず、来週捕獲をめざしましょうか・・・。

肩の荷。

父を送ったことで
肩の荷が降りたのを、少しずつ実感。

が、疲れは・・・・反比例です。
疲れた~~~。

猫の大家さんの「とら」。
今度は、喪主を相変わらずやっています。


姉も、こちらから猫を2匹持って行って可愛がっているので
・・・(ほとんど猫かわいがりですが・・・)(苦笑)。
なので、猫の大家さんの事も気にしてくれています。


頑張れ~

猫の大家さん。

少しでも、長く、元気で生きてね・・・。

常滑観光協会より。

先日、常滑のやきもの散歩道で見た「野良猫餌をあげないように」というチラシについて
問合せをした所、メールの返信がきました。

「人間」と「猫」が共生出来る様に考えて行きたいと言う内容でした。

多分にリップサービスがあると思いますが、ホッとしました・・・・。

今日は通夜で明日葬儀です・・・・・。

父の事も悲しいけれど、もっと悲しいのは
ほとんど世話をしなかった人間が
一番関わった人間に対して思いやりの欠片も見られなかった事。

自分が自分がばかりで・・・・
相手が見えない。

先生という職業病でしょうか・・・・。
勿論、そんな先生ばかりではないと思います。
現実に、魅力的な教師もいます。

ただ、人間的に
相手より自分を出したい人は
先生と言う職業には着くべきではないと思います。
この欠点が増長されるので・・・・・。


そんなで落ち込んで、凹でいる所に
常滑観光協会からの返信のメールは、なんだか嬉しかったです・・・・・。

父ととら


残された猫の大家さんの「とら」。
けなげでした・・・・・(涙)。

喪主を務めていました。
たびや脚絆を付けている時も、私と姉の間に入り座って見守っていた「とら」です。

そして、父が自宅を出る時も、少し離れて
ジッと見送っていました。

その姿・・・・胸に響きました。

どんなに可愛がってあげても
父の代わりはいないです・・・・。

18日・・・特別な日。

この日・・・18日は再開の日になるはずでした。
なので、私なりに気合を入れてむかえた18日でした。


公共施設の捕獲。
目指すは「キャメ」・・・・のはずが・・・。
そして、保育園の夕方パートの開始・・・のはずが・・・。

どうして・・・・。

この日、父が、急変して、旅立ってしまったのです(号泣)。


前日の17日、面会に行った時は元気で、声を出していました。

「その声は、まるで、お祈りをしている声みたい」と私。
「お祈りなんてしていないよ」と父。


でも・・・その翌日18日の午後の面会の時は、かなり弱っていました。
肺炎を起こし、高熱があり・・・・。

父の様子の、前日とのあまりの落差に、言葉が出ませんでした。

病院で治療をしていただいたのですが・・・・そのまま回復する事もなく
そのまま、夜、だび立ちました・・・・・。

・・・・いつもの訳のわからない会話をする事もなく・・・・(涙)。


京都の姉も間に合う事もなく・・・静かに私一人で見送りました。


家族葬です。

子供と孫だけで見送ります。
ただ、家族葬で行うという事を、お世話になった方々には連絡をしないと・・・・。
受け入れてもらえるのでしょうか・・・。


未だに現実を受け入れる事が出来ず・・・心は右往左往。
平静に見えながら、夢うつつ・・・・。

招き猫

招き猫
土曜日に、常滑の焼物散歩道に行って来ました。

そこで、招き猫を発見。

つい、この猫達を可愛がってもらいたくて、ちと、高い茶碗を一つ購入。

餌代に一部になりますように・・・・と(笑)。

常滑
所がみつけたこの張り紙。

勿論、違うお店でしたが・・・・。
こんなものを見て心は

野良猫が増えるのは、捨てる人がいるからだよ・・・・

餌を与えるなと言う事は、この寒さ、猫に死んでもいいという事かい!!!!!

野良猫を減らしたいのはみんな同じ。
不妊去勢手術をして、餌をあげていれば、ゴミなど荒らさないってば!!!!!

しかも、こんな外では、長生きは出来ないってば・・・・・(涙)。



もっと生き物の命に優しくなろうよ・・・・・。

常滑観光協会様・・・。

一応常滑観光協会宛にメールを出しました。
返事はわかりませんが・・・・。
気持ちが収まらなかったので・・・。つい・・・(苦笑)

心もよう・・・?

認知症の心もようという記事を読みました。



今日の父は変わらず・・・かな。

そういえば、ふと「あんた、お金あるの?」
と私の懐具合を心配してくれました(笑)。
この時、回線は少しつながったのでしょうか。


昨日、介護の認定を行う市の方が見えて、いろいろ父に聞いていました。

「あなたの名前を教えてください」
と問いかけに
「1609番」

これには私は仰天。

「これは、住所の事でしょうか?」と市の方。
「いえいえ・・・住所ではなくて・・・多分(戦争の時の番号ではないかと)」



最近、車椅子に乗っている事が多いです。
「よかったね♪乗せてもらって・・・」

が、車椅子に乗ると
「帰ろう帰ろう家に帰ろう」のコール。
いたたまれないです・・・・・。

家がいいに決まっているのに、連れて行ってあげられない。
自宅で、私が介護が出来ない・・・・。
やれるのに、やらないのかしら・・・と自分を責めてみたり・・・。

そんな時に読んだ記事。

認知症の人のふる里・・・。
帰りたくて、心に浮かぶのは、はじめは、住んでいた家。
次は、子供の頃の故郷。
現実にはない故郷。

それは、やがて、心のふる里・・・暖かく包まれて癒される事に変わっているのだそうです。


そうなんだ・・・と改めて納得しました。

時間がある限り、父の所に行き、訳のわからない会話に付き合い・・・・
決してこの事は無駄ではないと言う事でしょうか。

自分の事を、気にかけている人がいる・・・この事がやがて心のふる里になっていくのでしょう。


つい猫の事も思って比較してしまうのですが、
猫も外猫でも、気にかけてくれている人がいる猫は、まだ幸せなのでしょう。

人間以外の動物は、足が動かなくなる時は旅立ちの時。
でも、人間は足が動かなくても寝たきりになっても生きられる。

幸せなのかどうかは、ケースバイケースになるでしょうが
絶対幸せとは、思えないです。

冬・・・外猫の天敵。

昨日の寒さ・・・・半端じゃなかったです。
風花は舞い・・・日中でも気温は低く・・・頭が痛くなりました。

今日も寒い・・・・。

とても、外猫の事を考えるのもつらくなり、なるべく考えないようにしていました。

保護猫達も寒そうで、カイロやら湯たんぽやら・・・入れましたが
そんなものもない外猫達は・・・・と思うのもつらかったです。

でも、この保護猫達は、暖かさに慣れてしまっているので仕方がないけれど
もしかしたら、外猫たちも、少し、寒さに慣れているのかも・・・と思ったり・・・。

とにかく、寒い日は落ち込みます。

ハッチーさんのブログや、くろこだいるさんのブログに・・・公共施設のキャメの事が書かれていました。
((+_+))・・・・切ないです。

捕まれば、病院に連れて行きその後、保護したいと思っています。


餌場の新しい白黒の新顔猫・・・・この所姿が見えません。
まだ、しっかり顔を見せてもらっていないのに・・・・・。
流れてしまったのかなぁ・・・。

何にしても、自分で暖かい所や餌を見つけられるといいけれど・・・・・。


ももじろうハウスの猫
ひそひそ猫談義。
りんたろう、カム、ももじろう、チーコたち。
みんな具合の悪い子達ばかり・・・・。

「又、新顔が入ったね・・・。」⇒ももじろう
「ウン、我々のハウスにさ・・・」⇒りんたろう
「茶トラで、きついヤツだよね・・・」⇒カム
「そう・・私にも怒っていたよ・・・。⇒チーコ

「もうこんなにいると、いちいちチェックも面倒だよね・・・。」とカム。⇒他の猫達の気持ちを代弁(笑)。

何故?

DSCN1308 黒犬「ろく」
黒犬「ろく」ちゃんも年をとりました。

夜は、ハウスに入ってよくねています。

アメショ「ポンタ」が夜、外に出たがっても、戸を開けたがっても、知らん顔をして寝ています。
以前は、好奇心が強い「ろく」は、少しでも戸が開ければ、その後はお任せとばかりにいっぱい戸を開けていたのですが・・・・。
「ポンタ」は今は諦めて、自分で戸を開けるのを頑張っています。



父が病院を転院して変わった事は・・・・ただ、病院にいる時間が短くなっただけ・・です。

相変わらず毎日病院に行っています。

ヘルパーさんも、家族も、姉も、病院も毎日行かなくても・・・・と言ってくれます。


それなのに何故・・・といった所です。



病院に行った時の父の目・・・トロンとしています。
でも、短時間でも訳のわからない会話をしているうちに、目に力が宿ります。

そして、不毛な会話の中でも、時々、つながって光る言葉が出てきます。
そんな時は、嬉しくて、メモメモ・・・・。
でも、ほんの一瞬です・・・・。
回線が繋がると言う事は、一瞬だし、いつ来るかわからないのです。


その一瞬が欲しくて、行っているのでしょうか・・・。
自分でもわからないです。


精神的な疲れは、変わらないですね。
何とか・・・・切らないと・・・・。

外猫達。

tamada kuro
銀次郎くんの里親さん宅の新入りの猫さんです。

始めてメールをいただいた時、銀次郎君の里親さんは、やはり故黒猫「くろ」ちゃんの事をとても大事に考えていた方です。
その故黒猫「くろ」ちゃんから、外猫の事にはまるきっかけになったのかもしれないです。
もしかしたらこの新入り黒子猫さんに、逝ってしまった「くろ」ちゃんの面影があったのかも知れないです。⇒憶測ですが(苦笑)


私が黒子猫「ぐら」の中に、逝ってしまった故「コグ」の面影をみるように・・。





さて、久しぶりの外猫達・・・。

ほとんど忘れられていました(笑)
ただ、一匹を除いて・・・・・。

覚えていたのは、さび猫さんでした(^_^;)

しかし、このさび猫さんは、一応どこかの飼い猫のようでして・・・・。
で、友達は、このさび猫さんには餌をあげていなかったのです。

なので、当然、もうこの餌場には来ていないと思ったのですが・・・・・・。

しかし・・・喜んで、鳴きながら寄ってきました・・・(^_^;)
何なのでしょうねぇ・・・・。
あわてて、一つ餌を作りました。


とらさび「かーさん」はお隠れのようで、姿は見えなかったです。
明日に来てくれるかな~。

茶トラ「マイケル」はおっかなびっくり・・・食べました。

「しろねこ」さんからも親愛の挨拶は見られなかったです(^_^;)

新しい白黒猫さんも、一応隠れましたが、いつもの所の餌はしばらく経ってから食べました。
何となくオスっぽいかな・・・。

みんな食欲はあり、元気そう。
よかった・・・・。

又、明日ね。

再開。

DSCN1362 ウメは見た.
「うめ」は見た~。

未だ、触れない猫です(涙)。
でも、相棒の「ブルメ」は甘えん坊です。
そろそろ「ブルメ」を見習ってもいい頃じゃないのかい?????



いよいよ明日から、外猫の餌やりが再開します。
父の入院から今までは、一緒にやっていた友達が全部というか、毎日頑張ってくれていました。

本当に助かりました・・・・m(__)m

で、餌場に新しい猫が増えたようで・・・・(^_^;)
仕方がないことです。

餌がある以上・・・・お腹をすかした猫は来ます・・・・。



で、この頃その友達が保護した猫「れもん」が具合が悪いとの事・・・。


でも、保護した猫がたとえ逝ってしまっても、あまり落ち込まないようにしようね・・・・と話しました。

保護された猫は幸せです・・・。


そう・・・今までもつらい猫を見てきたから、保護された猫は幸せです。

一度落ち込むと、這い上がるまでにかなりのエネルギーが要るので、
なるべく落ち込まないように・・・・です。

区切り。

今日、父は転院しました。

疲れていて、こんな時は不幸な猫は見たくないもの・・・・。
が、見てしまいました。

転院先の駐車場の向かい側。
数匹の猫達が、集まっていました。
鳴いていました・・・。

どうやら、猫達に餌をあげている人がいるらしい。

気にしていたら、その方に遭遇。
少し厳しそうな顔の方でした・・・・。
苦情を言う人もきっといるでしょう・・・。


これから、病院に行く度に、この猫達に出会うのでしょうか・・・・。
これは、ちと、つらいですね。




病院では、院長先生と打ち合わせをしました。
その時に、
「面会はどの程度来られますか?」
と聞かれ、今までは毎日だったので
「毎日でも、来ようかと思っているのですが・・・」
と言った所
笑いながら
「毎日なんていいですよ。一週間に2日か3日でいいですよ」
と言われ、少し・・・?????

行かない方がいいのかしら?と思ってしまいました。



今までの病院では、治療目的の病院だったので
その治療がスムーズに行く事・・・その為に病院に付き添っていました。
看護師さんや他の患者さん等に迷惑がかからないように・・・とヒヤヒヤものでした。

しかし転院先の病院では、介護が入るので、その点は気持ちが楽・・・ですね。

自宅にいる時も、ヘルパーさんにお願いしている時でも、どこかで不安がありました。
何が起きるか・・・と言う不安でした。
転んで怪我をするとか、発熱とか・・・。

今回も多少の不安はあるものの、起きた時の対処までやってもらえるので、気持ちは楽です。
とにかく、病院に連れて行くことの大変さからは解放されたと思います。

まだ、実感はないものの、やはり楽になったと思うようになりました。

ただ、父にとってはどうなのでしょう。
とりあえず、明日、様子を見てこようかと思っています。

相変わらず、騒いでいましたが・・・(^_^;)
トホホ・・・です。

限界。

明日、父は転院です。
医療型介護病院です。

私は、元旦から、体調不良。

頭がぴりぴり痛み、耳も痛くなってきていました。

これは、父との病院でも付き添いのストレスでしょう・・・・。
((+_+))・・・ここが、とりあえず限界かな・・・・。


介護される方に標準を合わせると、介護する側にかなりの負担。

お互いにバランスが保たれる所を捜していかないと・・・・。


今までのケアマネージャーが様子を見に来てくれました。

「元気そうで、よかった~♪よくしゃべっているし・・・」と喜んでくれました。
ちょっと複雑。

毎日付き合って、しゃべっているもんなぁ・・・・と溜息。



保護猫の「りんたろう」(白地に茶トラ、オス)。
元旦から、食べない・・・。

そんな「りんたろう」気がかりでした。
何しろ、とても気がいい猫なので、みんなに好かれているのです。

お腹に虫かなぁと薬を上げたり・・・それでも、改善されず・・・。

食べないので、目薬(インターフェロン入り抗生剤)をあげて・・・様子をみました。

こちらもそろそろ限界かな・・・病院に連れて行くことを考えないと・・・と思っていたら、やっと、今夜、いつもの食欲を見せてくれました(●^o^●)


お-よかった~。
プラス・マイナスですね♪



2010年 お正月

DSCN1407 寅年用
明けましておめでとうございますm(__)m
とら猫・・・きんとき、チーコ・・・二人とも、とら猫なれど、カメラ目線が出来ず・・ウム残念。
しかしアメショは顔だけならとら模様・・・で、ポンタの出番となりました。
少し違うけれど、寅年・・・・今年もよろしく~。

静かな元旦・・・でしたが・・・頭痛です。

同居人はスキー、次男はダイヤモンド富士を見に行き、とても静か。

一人だったのでつい、もったいない・・・という根性を出して、色々やりすぎ頭痛です。
肩こりからだと思います・・・・(泣)


去年、ブログの引越しをしました。
旧ブログをダウンロードしようと頑張ってけれど、私にはわかりませんでした(^_^;)
で、全てを印刷。

その数の多さに、我ながらビックリ。
こんなに書いていたの・・・・と。

多分、一人の日記では、書けません。
ブログに来てくれて、応援をしてくれている方々のおかげです。
改めて感謝です。

私の愚痴を聞いてくれて、励ましてもらい、おまけに記録も細かく残り・・・・

本当に有難うございましたm(__)mm(__)mm(__)m

又、今年もよろしくお願いします~~~m(__)m
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード