スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おまがり」君のこと。

最近、気分は

原発の事や、自分の先行きの事・・・・。

政府の上層部のお言葉。
地震以後これら一連の暴言は、ほとんど「お上」意識からでたものでしょう。

その「お上」意識は身近を見ても感じ取られる。
形をかえて・・・。
見下すような・・・・慇懃無礼のような・・・・。
なんか、うんざり。

猫たちには、もし、原発で非難命令が出ても
動く事は出来ないから、ずっと一緒だからねぇ・・・・。と。
そんな事態にならない事を祈るしかありません。


公共施設の「おまがり」くん。

病名は「耳血腫」。
その為に、耳のところがかゆくて自分でこすりつけた傷との事でした。
ただ、エイズ(+)で、貧血が見られるとの事。
そして、肝臓が通常よりも小さくなっているとか・・・。

傷の方は、レーザーで焼き、その傷そのものはなくなったようです。
来週は、暖かくなるからリリースには丁度いいかも・・・。

気がかりは・・・・治療費です。

ここ2~3年は、不妊去勢手術よりも治療費がかなりかかっています。
何とか考えないと・・・・・。

保護猫たちも、高齢になりかかるのは治療費。
ただ、保護猫は病院に行けなくてもそれは仕方がないかと・・・・。
堪忍してもらおうかな・・・。


・・・・頭が痛い・・・・・。
スポンサーサイト

「おまがり」君。

「おまがり」君とは、公共施設のトラ猫で、尻尾が曲がってるので「おまがり」君。
改めて考えると、すごいネーミングかも・・・・。(爆)


その「おまがり」君の事で、昨日、電話をもらいました。

電話をくれた方たちは、毎日、公共施設に、行ってくれている個人の餌やりさん。
毎日、行って猫の事よく知ってくれています・・・m(__)m


電話の話は「おまがり」が、ひどい怪我をしているんだよ・・・」との事。


そして、今夜、その方たちのチームワーク?で、「おまがり」君を捕まえてつれてきてくれました。


最近、あの付近でタヌキのみならずハクビシン?まで出没しているとか・・・。

「それで、やられたんじゃないのかねぇ・・・」
「腰にひどい怪我をしている猫もいてねぇ・・」と心配してくれていました。

・・・・確かに、「おまがり」君の傷はちと、ひどい。
でも、すでに乾燥をしていて、膿んではいないみたい・・・。

とりあえず、すぐに、病院に連れて行きました。

その事を先生に話すと

「タヌキとの怪我ではないかもしれませんね。
猫の方がすばしっこいから、噛まれるまでには・・・・。
耳が小さくなっているから、もしかしたら耳ダニで、かきむしった可能性がありますね。」

とりあえず明日検査など診てくれるとの事でした。

たいした事がないと良いのですが・・・・。


しかし・・なんで、あの場所にタヌキ、ハクビシンが・・・?????




「とらじろう」

先日、公共施設にリリースした「とらじろう」。

今夜、会いました~(●^o^●)。
餌やりだったので・・・。

以前の「とらじろう」の鳴き声は、とても必死な鳴き声。
やたら、大きな声だったり・・・。

でも、今夜の「とらじろう」の声は、とても可愛い声・・・・。

新顔の猫かとビックリ。
リリースして、よかったのかも・・と思える声でした。

とにかく、今までよりも、安定していたような「とらじろう」。


本当に・・・・よかった。

保護できない事が罪悪感のような気がしていたので、今夜の「とらじろう」には嬉しかったです♪




見るニュースは、相変わらずの被災と原発のニュースです。
でも、最近は動物たちの事が目に入ったり、聞いたりが辛くて消す事が多くなりました。
・・・鎖は外されたいたのかしら・・・とか・・・。
人間と同じように切ないです。

それにしても、消防庁、自衛隊、警察、東電の作業員の皆様の活躍には・・・頭が下がります。
本当に有難うございます。
支えているのは、首相ではなくこういう現場の人たちなんですよね・・・・・。


癒し。

毎日、猫たちに地震のことを伝え、節電とばかりに昼間は暖房は切り・・・。

すると、寒かったのか年寄り猫の「チーコ」「ももじろう」たちがくしゃみ・・・・。
これはいかん!!!!

力を入れて被災や原発のニュースを見ているので
今朝は、体が痛い。
頭も痛くなってきた・・・・。

これではいかん!!!!!

猫たちの掃除を中断して、その場でラジオ体操もどき。

始めたとたん
「ももじろう」「トナカイ」「ちーこ」「りんたろう」たちの丸い目。
「ど、どうちたの?かーさん!!!!!」
と、一斉に見られました~(笑)。

その顔を見て、思わず笑い・・・癒されてます。
ありがとね。

石原都知事のコメントその後。

頭にきた都知事の暴言。

しかし、その後、都知事は
あまりの都民の抗議で撤回して謝ったんですねぇ・・・・。

発言した時は、撤回するそぶりもなく「受け止め方だ」と言っていたようですが
さすがに、撤回せざるを得なかったようです。


さすが、都民の皆さま~。

でも、いくら撤回しても本音だったんだから・・・・。





昨日の夜の静岡東部の地震。
静岡中部は大丈夫でした。

その時、年寄り猫「にゃおん」は「・・・・・・・・・・・・・」。

銀とら「まつ」はいち早く逃げました。
もしかしたら、パトロール?

静岡でも乾電池、トイレットペーパーは品薄です。
これらが、被災地に届けられる事をを願っているのですが・・・。

公共施設の「とらじろう」。

今日、無事に「とらじろう」は退院して、リリースです。

入院した時は3キロ弱の体重。
今日計ったら、5キロの体重。

すっかり大きくなっていました。
背中をうっかり触ろうとしたら、固まっていました。
人間には相変わらず馴れず、かえってホッしました。
馴れてから、放す事は辛いからねぇ・・・・。

明日から寒くなるけれど、大丈夫かな・・・・。
頑張れ とらじろう~。



いつも注文をして届けてもらっている生○の商品。

今日は、猫たちのフード、猫砂が届く予定でした。
が・・・・猫砂はすべて欠品、フードの半分が欠品。

ヨーグルトも・・・欠品。


今日、買いに走らねば・・・・・・。
猫砂が底をついている。

被災した方々のことを思えば・・・・何でもないです。

・・・頑張って欲しいです。

石原都知事のコメント。


どうしても地震のニュースばかり見て、泣いたり安堵したり・・・・。

そんな中、ビックリコメント。


「津波をうまく利用して『我欲』を一回洗い落とす必要がある。やっぱり 天罰 だと思う」・・・今回の地震についての石原都知事のコメント。
この上から目線の発言。
・・・天罰を受けるなら、政治家でしょ。
被災者の事を思ったら、こんな事は言えないと思うけれど。

こんな人間でも、きっと又、都知事になるだろうな・・・。




長い間入院して、口内炎の治療を受けていた公共施設の「とらじろう」。
明日、退院。
そしてリリース。
今週又寒くなるけれど・・・・・・。
気になるけれど・・・・。



ケージに入院中の「ごま」。
食欲があり、食べるようになってきた(●^o^●)。
ただ、下痢は収まらない。

以前保護した故「ジャック」と同じような下痢かも・・・。
腸が動かない為に起こる下痢かな・・・。

治らない下痢かも。




静岡で、今売り切れてないもの。お水。
みんな、明日は我が身だと思うのでしょうね・・・。

明日は我が身か・・。

ニュースは・・・勿論巨大地震。

本当に怖いです。
ひとごとではないです。


人間もさることながら、動物たちは・・・・。

色々考えると、気持ちはふさぎます。


おまけに人災の原発事故。

原発の耐用年数は30年との事。
もう過ぎているよ・・・・。
安全と言い切るなら、もっとお金をかけて。
浜岡原発・・・・・怖いです。
危険をとるか、安全をとるか・・・。
やはり、安全でしょう・・・。



今、静岡はほとんど変わりない生活です。

電気を使い、水道も使い・・・・・。
・・・申し訳ない気分です。
せめて、節約。

そして、お水、猫たちのフード備蓄しておかないと・・・・。


どうか、早く治まりますように・・・・。

病猫用ケージ。

クロアメ君を保護するはずだったケージ。

病猫用として、空けておいたものです。

今日、そのケージにさび猫「ゴマ」が入りました・・・・。


ごま。


「ごま」を保護して、9年。

9年前、

「ごま」はスーパーのゴミをあさっていました。
保護しても、全く人間には、慣れなかったです。

でも、一緒にいた「ももじろう」が優しくて
その為に、心を開いていった「ごま」。


今、かなり免疫が落ちて、口内炎、下痢・・・・。

病院での詳しい検査は、止めました。
本当にとりあえずなのですが
点滴と抗生剤、インターフェロンのみ。


多分、エイズ(+)です。

この病気は、急にガタガタと崩れるようです。


対処療法しかないですが・・・・。


「とらじろう」を送って、食べ物とか薬とか楽になるのかと思ったけれど
・・・・。

「ごま」だけでなく
「にゃおん」も故「とらじろう」と同じ状態・・・・(涙)。
病気とかではないですが・・・・。
高齢の為、老衰とかでしょうか・・・・。
食べさせるのに苦労しています・・・・。


他の保護猫たちも、年を取り気が抜けないです。






「とらじろう」は、旅立つ前日の夜まで、お刺身を食べました。
生かつおだったね・・・。

今まで、かなりの頭数の猫たちを見送ってきました。
でも、「とらじろう」ほど、自分の体をすべて燃え尽きて旅立った猫は初めてです。
本当に、骨と皮だけでした。
脂肪も筋肉も・・・ほとんどなかったです。

そんな状態でも、トイレも失敗したのは1回だけ・・・。

1度だけトイレに入る力がなくて、
トイレの外に・・・・。
それも、旅立つ前日だけ・・・・。

飼い主の父が逝ってしまい、「とらじろう」は
寂しかったと思います。

父とはあんなに布団で一緒に寝ていたのに
私の布団には入って来なかったです。


さびしさがあったと思うけれど
最後まで生きていった事・・・驚きでした。

頑張ったね・・・とらじろう・・・。

気丈だった「とらじろう」。
今頃は、家族と一緒で幸せな様子が浮かびます。

クロアメ君・・・。

今、病院から、入院中の公共施設の「クロアメ」君が旅立ったとの連絡がありました・・・・。

本当は、今日退院の予定でした。
保護用のケージの準備も終わっていて、迎えにいく日だったのに・・・・・。



病名は、「悪性リンパ腫」。


それで、治療の事も話があり、抗がん剤を20日毎にやるか、クロアメの様子をみながら
進めることになっていました。

正直、治療が出来るほど元気なんだ・・・よかった・・と思ったものです。
ただ、費用がかかるので、その点だけが気がかりでした。

それでも、治療の費用も、募金をお願いしながら・・・・と思っていた矢先です。
そして、治療のカンパも、くろこだいるさんから、いただいた所でした。


・・・せめて、手元でゆっくりと見送りたかった・・・・(涙)。
心配をしている人間がいる事も知って欲しかった。



でも、先日その公共施設のある方から電話をいただきました。


「毎朝、見かける子(猫)の姿がないけれど、どこかで倒れてはいなかったでしょうか?」
毎朝、クロアメはその人に挨拶をしていたのです。

関ってくれた人がいた事・・・・。
・・・・せめてもの救いでした・・・・・。
有難うございました。
この方には、連絡をするつもりです。(涙)。



餌やりのときに、どこからともなく現れて甘えていた「クロアメ」くん。

体はアメショウの柄だったけれど、顔はとがっていてお世辞でも可愛い顔とはいえなかったよ・・・。

でも、可愛くて、私は好きでした・・・。

今度生れ変る事ができるなら、幸せなところに生れ変れますように・・・・。


今日は、冷たい雨です。
他の外猫たち・・・・つらいです。









有難う。とらじろう。

2011年3月3日 午前6時40分
とらじろうは、旅立ちました。

天国で、父と母と犬のナナそして猫のとらじろう。

やっと元の家族が、揃ったね・・・。

羨ましい・・・。

私も、ねこたちと一緒に・・・・混ぜて・・・。
いつか・・・(号泣)。

有難う。
とらじろう。
ずいぶん、支えてもらったような気がしています。

もう、お刺身探しも、薬の準備も、しなくてもいいんだね。

・・・すごく、寂しい。

明日、火葬だね。
又、寂しくなるよ・・・。

3月だよ。とらじろう。

とらじろう~。

絶対無理だと思っていた3月になったよ。

昨日、目やにみたいな膿が出ていたので、拭いたらこの部分の毛が取れました・・・。

もう、体のいろんな器官はボロボロです。

点滴も入っていかず、病院からやめた方がいいと言われまして・・・。

こんな状態で生きていて、食べようとする事が脅威です。

でも、きっと、とらじろうは、ただ、淡々と生きているだけなのかも知れません。
体は、言うことをきかず、痛い所もあるんだと思うけれども・・すごいよ。

それでも、数えで20歳。
猫又になれたら歓迎するさぁ~。

これ以上無理かとわかっているけれど。
でも・・・。

変なオバサン。

昨日は、公共施設の捕獲の日ですが諸事情?の為、餌やりのみでした。

で、その餌やりの時にいたのは、犬連れの親子三人。

犬を放してボール遊び⇒本人達の言う事では・・・。

猫たちも出て来るので気になったいたのですが・・・・。

その時に出てきた白黒の「ドミノ」。
「ドミノ」を見つけたとたん走り出した犬と男の子。
追いかける犬。
逃げる「ドミノ」。

思わず「何するの!!!!!」怒鳴ってしまいました。

子供達を怒りそれでも気が収まらないので、つれていた母親にも苦情。

「ここには猫もいるんですよ。わざと猫を追いかけるのは止めてください。」
「ここは市民の場所だから、猫が主役ではないでしょう!」と母親。

関係ないことで、突っ込もうとする母親。

「ここでも放し飼いは禁止ですよ。」「ボール遊びをしていただけですよ。」

思わず何言ってんだこの母親は・・・・!!!!!

最後、母親は「わかりました」と言ったものの・・・・果たして・・・。
せめて子供達だけでもわかってもらえればと思うものの・・・・・。

こんな事で、わかってもらう事、考えを変えることはとても難しい。

その場しのぎで、トラブルはいくらでもしのぐ事は出来る。
しかし、気になるのはその後のこと。
いつも見張っている事はできない。
かえって腹いせに猫に当たる人もいる。

きっとあの親子、「あれは変なおばさんだからね」
と言っているような気がします~。

今度見つけたら住所を聞いて、訴えるぞ。



プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。