餌やり。

今日は、公共施設の猫たちの餌やりでした。

雨が上がってホッ。

で、木のベンチに「とらじろう」と「ロン」が仲良く寄り添って日向ぼっこ?

とても可愛いいです・・・。

仲良き事は美しきかな。
寄り添う事がとても大変なとき。

なので、とても可愛らしくて~。




「チーコ」さん具合が悪いです。

ほとんど食べません。

いずれは、このような時が来るとは思っていたけれど・・・・。
とりあえず点滴しかありません。



もう一度・・・回復を願っています・・・・。

あした、散歩にいこうね・・・。「チーコ」さん。



夜の個人の餌場。
横取り猫(ぐれお)健在。

あちこち・・・頭が痛いです。



スポンサーサイト

「チーコ」さん。他。

「チーコ」さん。
お庭?のお散歩二日目です。

昨日と同じ・・・・。
土と楽しむというより、お水を飲んで終わりました・・・・・。

食欲も落ちて、食べません(号泣)。

こっそり「チーコ」さんが前に好んでいた高い小缶。
あげましたが、食べません・・・・。

しばらく、食べ物探しが続きそうです・・・・・・・。

以前、とらじろうと「にゃおん」のt食べ物探しで、苦労したけれど
とらじろうは旅立ち、残った「にゃおん」は元気・・・・・・。
缶詰を毎日平らげています♪


今度の食べ物探しは「チーコ」さんです・・・・・。

どうか食べてくれますように・・・・・・・。




餌場で困ったこと。

新しい猫がきて、年寄り猫の「かーさん」「マイケル」にあげたものをすべて平らげていて・・・・。

ただでさえ食欲のない子達のものを横取り・・・・。
食べる猫には罪はないのですが・・・・。

年寄りで弱っている子達のものを全部食べないで下さいまし・・・・・。


今夜は、餌をあげて
帰ったふりをしてみました。

おっ・・・・横取り猫、引っ掛かった・・・・・。
いつもの餌のある所に移動♪

その間に、やわらかいものを投げてあげたけれど
いつも間にか戻っていました・・・・。

しばらく、横取り猫(ぐれお)との攻防戦が続きそうです・・・・・。

「チーコ」さんの散歩。

「チーコ」さんは16歳。
もう年です・・・・・。

外で長く暮らして「チーコ」さん。

今は保護部屋ですが、時々、外を眺めています。


以前旅立った黒猫「ポッキー」。
脱走した時、土の上で、ごろごろと・・・・とても幸せそうだった・・・・。

その姿が忘れられず・・・・・・。

人間も動物も自然が一番。


で、チーコ」さんも何とか土のある所に少しでも出してあげたいな・・・・と思っていました。


やっと今日リードが見つかった、リードをつけて「チーコ」さんのお散歩~~~♪



喜んだかと言うと・・・・((+_+))・・・で、人間の自己満足かも・・・・。

意外だったのは、外のお水を、ずーとに飲み続けていました。

そのお水は、外猫用のお水で井戸水+雨水。
結構、ナチュラル・・・・。

お風呂で、頭を洗う為にシャンプーを使うと、水道水と井戸水の違いが歴然。

私は水道水の方がシャンプーには良いのですが・・・・・。

その微妙なお水の違いが、わかったのかしら?????
「チーコ」さんは・・・・・。

どちらが健康な水かは、わかりません。
でも、好きなら、それで良いと思います。


他の猫も散歩を・・・と考えたけれど
元気な「ちいめ」を連れ出したら、きっと事件が起きる。

大柄だけどノミの心臓の茶トラ「りん太郎」をだしたら必ずパニくる。

「ももじろう」を出したらきっとアメショ「ポンタ」と喧嘩。

アビ崩れの「ランチ」をだせば、紐をするりと抜けて脱走。

「ブルメ」はきっと外にでたら、動かず。

小粒黒猫「コグ」をだしたら、あさってのほうへ走って行きそう。

ケージに入院中のさび猫「ごま」は出せる状態ではないし・・・・・。

茶トラ「ちゃちゃ」はリードなぞつけさせずこちらが傷だらけになりそう・・・・。

太った「となかい」さんはリードが小さすぎて体を紐がまわらない・・・・。



結局、お散歩は「チーコ」さんのみ・・・・となりました。

・・・ホッ・・・他の子たちごめんよぉ。
又、大きなリードを買ってからね・・・。

当分、先かも・・・・((+_+))。

もう一つのハウスは、窓のすぐ外は土、草が一杯(手入れなぞしてないので)
外の空気を満喫できると思い、散歩は不要・・・・・。

と言う事で・・・・。

状況証拠。

昨日、黒ラブ「ロク」は、玄関を出たとたん猫たちの餌の所に一目散。

そして、器を口にくわえ・・・落としました。
器は、瀬戸物でわれました・・・。

幸い・・・?「ロク」に怪我はなし。

この様子を見て、公共施設の餌やりの時のことを思い出しました。


先週の月伊曜日。
公共施設の餌やり。

餌場の一箇所、器が外に出ていました。
その器にフードを入れて、元の位置に。

その後、2~3分後には、又、器が出ていていました。

誰よぉ・・・!!!!!

その間に、であった人は、犬をつれた女の人の散歩だけ・・・・・。
しかも公共施設内の他の餌場にも遭遇し、その犬に吼えられました。


で、今日も公共施設の餌やり。
すべて周り、前回のように器が出ていなくてホッ。
引継ぎノートに記入した後、又先週のその犬の散歩の人に遭遇。

((+_+))・・・・これから散歩なんだ・・・。
先週のように猫たちのフードが被害にあったらいやだな~と思うものの疲れで後を追えない・・・。

しかし、餌場荒らしの現場?をもしかして抑える事?も出来るかも。

・・・・疲れには勝てませぬ・・・・。

遠めでみて、大丈夫かな(多分)と言う事に・・・・・。


ラブの「ロク」が器を引っ張り出したのをみると
あの小型犬のグレイハウンドでは、無理だと・・・。

人間が引っ張り出さない限り、器は出ないよなぁ・・・。
あの時は、カラスも鳩もいなかったし・・。。


やっぱり状況証拠のみだよな・・・。

猫たちのこと、放っておいて下され。

犬たち。

やっと・・・・犬達の狂犬病の注射が終わりました・・・・。

黒ラブ「ロク」は次男が病院に連れて行きました。
いつもの道ではない道で、嬉しそうにワクワクと歩いていたと言う「ロク」。

・・・・が、病院に着くと、固まり・・・・。
診察台に乗る事は拒否。

先生が抱きかかえて乗せてもらい
観念をして、何事もなく完了。

帰り道
「にいさん!!!!!ひどいっすよ!!!!!」と「ロク」のごまめの歯軋り。
にいさんとは次男の事。



ビーグルの「ポロ」ちゃんは、私の役目・・・・。

歩かずに、車で病院に。
しかし、車にも、一人で乗れず抱きかかえて・・・・。
たわら型の体型のためか・・・。

この子は、病院ではお世話になったから慣れているはず・・・・。
少なくとも、去年までは覚えていたらしくとても友好的だった「ポロ」。

今年は、忘れたのか病院に入ることを拒否。
それとも・・・「ロク」と相談をしたのか・・・。

結局、抱えて診察室へ、そのまま診察台へ・・・・・。


鼻の所の毛がハート型にはげていて
気に止めなかったけれど、先生は心配をして
色々検査。
特に甲状腺の検査です。

突然はげたので、「ポロ」のいたずらによるものかと・・・思ったのですが・・・。



そして、前足の肉腫がかなり大きくなっていました。

半年前に検査をした時は良性なので様子を見ることにしたのですが
大きくなりすぎたようです。

この肉腫も手術することにしました。

年齢不詳な「ポロ」
高齢なのかなぁ・・・・。

この二匹(ロクとポロ)、柵越しで意外と仲良し。

不思議だったのは、柵越しの「ロク」の所にあった小さな絨毯。
それが、なぜか「ポロ」側に入っていました。

ビックリして「何でここにこれが~~~!!!!!」というと
嬉しそうに、走り回った「ポロ」。
「ロク」も前足を上げてダンス。

二人で「やったぜぇ~!!!!!」と言う感じ。

二人の共同作業だったのか・・・・謎。


そして、その仲間に、猫の「ポンタ」も一員。

「ポンタ」は、「ロク」のケージの中で一緒にお休みになることも・・・・。
踏まれると恐ろしいのでめったにないことですが・・・。


動物達の思いが伝わると可愛いし面白いです♪

謎・・・・。

先週、公共施設で死亡したと思っていたガリちゃん似の子・・・・。

実は、別の猫のようでした・・・。

くろこだいるさんからのメールで、この事を知りました。


正直・・・(●^o^●)よかった・・・。
と思ったものでした・・・・。

が、これって・・・・本当に、人知れず旅立っていった猫に悪いなぁと反省。



・・・・・誰だったんだろう・・・・。


今度産まれてくる時は、幸せな所に生まれてきますように・・・・。(祈)。

公共施設のねこ。

ガリちゃん似の子。

昨日、公共施設のボランティアの方が、見つけたネコの遺骸・・・・。

多分、この子かと・・・・・。
写真は、くろこだいるさんの提供です。勝手にすみません。

最近、月曜日の昼間に公共施設の餌やりをしていて、この子に気がつきました。

この子は、公共施設で関り始めたころの故「がり」ちゃんにそっくりでした。
・・・ガリちゃんは、思いで深い子でした。

あの頃、今の猫カフェ「くるるん」の場所にハッチーさんの好意で
一時の保護場所になっていました。

里親募集ができそうな子と、具合の悪い子たちの一時保護場所でした。

神戸の里親さん行った親子猫(名前はラテちゃんと・・・?)
そして体重が軽すぎる「がり」ちゃんたちがいたような気がしています。

そして、ガリちゃんは保護場所から脱走。

みんなで捜しまわりました。
いまでも不思議な事で覚えている事がありました。

探している時、鳴き声を聞いたのです。
・・・でも、捜してもいなかったのです・・・。

結局、みぃさんのご主人が、手に傷を負いながら捕まえていただきました。
みんなで、ホッとしながらよろこんだものです・・・。

あの頃、大阪に引越しをされたみぃさんご夫婦が中心でした・・・。


なので、写真の子に気がついた時、とてもうれしかったのです。
がりちゃんに会えたようで・・・・。
なので、旅立った子の事が残念です。


ぼたん。


写真は、今日の三本足の「ぼたん」ちゃん。


さび母。


写真は、さび母。


今日は、よだれもなく

レトルトの餌を一袋平らげました・・・・。
でも、いつ急変するかわからないので
食ているからといっても油断は出来ないです・・・・。


さび母、ぼたん、みかんたち・・・・。
関った当初からいる猫たちです。

この子達の最後を確認したら、私も引退したいです。

工事。

もうすぐ、餌場の道路工事が始まりそうです・・・(涙)。


どんな工事になるのかわからないけれど、今夜「通行止」の看板が出ていました。


ここに来ている猫は、年寄り猫が二匹。

トラさび「かーさん」
茶トラメス「マイケル」たち。

そして、後は雄の猫が2匹・・・・・。
そして、飼い猫らしいさび猫。


代替の餌場が猫たちに認められるか・・・・。
引越しが出来るか・・・。

・・・とても、不安です。





そんな中
管総理の浜岡原発の停止の事。

とても嬉しい事で歓迎です。

・・・が、今まででも普天間基地の移転で期待を裏切られ・・・・。

なので、又、経済界の圧力に屈服するかも・・・・・。
と言う不安がよぎるけれど・・・・。

斜めにみると裏があるんでは?なんて思ったり・・。


ただ、福岡原発のような事故が浜岡に起きれば
かなりのダメージになる事は確か・・・・。

このまま停止になりますように・・・・。

さび母。

外猫を保護しようと思った時に悩む事・・・。


それは、どのタイミングが、猫にとっていいのか・・と言う事。


人間というか、私だったら動ける間はそのままに・・・。
動く事が、大変になったら、静かにしています・・・・。
ケージにでも、自宅にでも静かにしています・・・。


さび母は、昨日、食べずに抱っこも出来たとの事。

多分、体は弱って、気も弱くなっているのかもしれない。

今日、保護を視野に入れて、様子を見に、公共施設へ行ってみました。

さび母は、確かに
呼吸は荒い・・・。
よだれも出ている・・・。

が、食べた・・・。

動きは普通・・・・。

((+_+))・・・悩む所。


口内炎の薬を、毎日見てくれているおじさんに
お願いをして、また、様子を見ることにしました。

これが、良い判断なのか全くわかりません。


が、頭を使って自由に動いていたさび母。

さび母・・・どうする事が一番いい?

年寄り猫「にゃおん」。

やっぱり、高齢白猫「にゃおん」は伊達に年はとっていないようです・・・。(涙)

昨夜、布団に入って足を伸ばしたら・・・・冷たい(涙)。
「にゃおん」にやられました・・・。
おしっこです・・・・。


先日、「にゃおん」に布団にやられて以来、私の布団の上にはペットシーツがたくさん。

「よし~これで、にゃおんに勝った!!!!!」と思ったものです・・・。


今回のやられた所は、おしっこをするはずがないと思っていた場所でした・・・。
しかも、その所に、2回もやってくれました。

しっかり裏をかかれました・・・・。




さらに食欲がなくて心配をさせた「にゃおん」。

偶然、部屋のなかが見えたとき、「にゃおん」は舌なめずりをして
顔を洗っていました。

缶詰を3缶開けたけれど、見向きもしなかったけれど、
そのうちの1缶が、空になって隅にありました。
こっそり食べたのです。


とても、したたかに見えました・・・・。(笑)。
・・・見えただけです。

でも、そんなしたたかさ・・・可愛いです♪




「にゃおん」
もっと、長生きできますように・・・・。



しろ猫「にゃおん」。

高齢猫しろばぁば・・・・。
昨日から、食べなくなりました。

困ったなぁ・・・。
それに追い討ちをかけるように

「にゃおんの爪が肉球に刺さっている~!!!!!」と次男。


メガネをかけてみれば・・・・・・(涙)。
確かに・・・・。

今朝、病院に行ってきました。

カルテを見て「((+_+))・・・もう20歳ですね・・・」と先生。

故「とらじろう」と同じ年に保護したんだった・・・・。



「にゃおんが生まれた時は、僕は中学生でしたよ~」と先生。
スタッフの人は「私は生まれてないかも・・・・」。


「にゃおん」は野良猫に関っていて、初めて外から保護した猫。
だから、思いいれもあるのです・・・・。


「もっと、頑張って生きていて欲しいのですが・・・・」
「いやぁ・・十分、頑張ってきたと思いますよ。」と先生。


でも・・・・生きていて欲しいのです。
たとえ、お布団におしっこを漏らされても・・・・。


気になっている事は
尿の量が少なくなっているような・・・・・。


先生に言ったら、
腎臓も末期になると尿の処理が出来なくなるから・・・。
そうなると、手は打てないですね・・・。

にゃおん・・・。
細く・・・永く生きるんだよ・・・。


プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード