さび母の甘え方

さび母とは、淡々とした共同生活です。

出掛ける時は
「にゃおん~行ってくるね」
それが
「さびちゃん~行ってくるね」
に変わりました。

帰った時も同じ~。

でも、ほとんど無視されていました。(笑)

それが、2~3日前から、鳴いて主張するようになりました。

朝もはよからお腹がすいたと鳴くようになりました。

帰ってくると、喜んで御飯をよこせと......。

ぶつかるものがあったので、何かと思ったらさび母でした。

何と体当たりのようにして甘えていました。
爪でも、引っかけて転んだと思っていたら、違っていました。

ワイルドな甘え方でした~。


ビックリしました(笑)。



でも、体調はよくありません。
回虫は収まりましたが.....。



幸せそうな姿が、一番。
少しでも、長生き出来ますように。


スポンサーサイト

さび母とお刺身。

さび母は、お刺身が大好き。

朝晩の二回、お刺身と缶詰の食生活。

で、朝晩の二回のお刺身を、せめて一回忘れる事があるかも.......。
先に缶詰を食べて、お腹が一杯になったら..........。

と言うわけで、試してみました。


(*_*)........。

やはりという事でしょうか(笑)。

まだまだ、騙されるほど惚けてなんていませんでした。

缶詰を食べ終わっても
「まだ、いつもの刺身を食べてない!!!!!」
とばかりに動かず~(苦笑)

根負けをして、お刺身を差し出しました。

食べ終わって、やっといつもの場所に移動して.....眠りました。

やっぱり....でした。(爆)


リリース。

今日、白黒のオス、公共施設にリリースです。

何となく苦手なリリース。

なるべく、暖かい昼間にリリースして、夜になればと思い、お昼頃に決行。

が、何と中学の卒業式があり、終わったところ。

人がたくさんいまして.......。


(*_*)........いずれいなくなるだろうと、車の中で
待つこと.....に。

リリースのオスドミノは、風邪も治り
病院から、車に乗せるとき恐ろしいくらい暴れました。

が、車に乗ればおとなしくて、助かりました。
外猫は、鳴かないです。

待ちくたびれて、
とうとう、もういいやと、切れました。
見ている人もいましたが
お構い無し。

ただねぇ......この場所に、世話をしている人がいると思うと
捨てる人が出そうで、これだけが恐い~。

長く待ったような気がしていたけど
30分位かな~(苦笑)。

オスドミノは、脱兎のごとく
ケージから、飛び出して行きました。

どうか元気に過ごせますように.......。







パソコンが、繋がらなくなりました。

写真のアップが、出来ず残念。
復旧出来るか....(*_*)~難しいかも。





捕獲の子。

月曜日に、手術の為に保護した子は
オス、エイズ(-)白血病(-)

でも、肝臓の数値が悪いとの事。

風邪の治療もお願いしたので、リリースは今週末。

リリースの時、暖かいといいな・・・。




さび母は、一応元気です。

回虫をはくので薬をもらってきましたが
やはり、首に垂らす薬の方がいいです~。

そして、今夜は珍しく、私のそばで座っています。

次男が部屋に入ってきても何かをもらえると思うのでしょうか・・・
寄っていくさび母。

習性でしょうか・・・・・。

多分、公共施設にいたとき、ドライフードはほとんど食べずに
みんながくれたやわらかい缶詰しか食べていなかったと思います。



先日、アニマルコミニケーターの方が写真でさび母をみてくれました。


「病院には行きたくない。そのままで・・」
「他の猫と関りたくない」
「本当は、今までいた場所にいたかった。けど・・仕方がない」

とか・・・当たっていて思わず笑ってしまいました。

時々部屋に侵入してくる次男の猫「まつ」
この子を、撃退しました。
それも、戦ってではなく、鼻をつんつんとあわせて
気持ちを伝えたのか
気迫で脅したのか・・・・・(笑)。


「まつ」は脱兎のごとく逃げました。


進入してきても
さび母を気遣って?恐れて?
部屋を一回りして、私にアピールをして、そそくさといなくなります。

内容は、又聞きなので、違っていたらゴメンなさい。

見てくださったアニマルコミニケーターの方は
月曜日の午後、月一で
猫カフェくるるんにみえるそうです。



さび母さん。
私は、ご飯を上げる人間ですよ~。
これからも、よろしくね♪


本日は・・・。

今日は、朝からついてない・・・・。

仕事がはかどらず・・・・。
おまけに、営業と社長との間に不穏な空気・・・・。


((+_+))....いずれ、ひともめありそう・・・。
しかし、私は単なる経理パートなので、気は楽~。
とは言っても、同じエリアなので、影響は免れない。


で、捕獲の日だったので、慌てて帰り、夕方猫たちの部屋の掃除中に、膝ギク~(痛)。

((+_+))・・・こんな事では、明日の保育園の仕事はやめよう・・・。



夜は久しぶりの公共施設の捕獲だったので
仕事の帰りにでも寄って、餌やりだけを終わらせようと思ったものの時間が足りない。

仕方がない・・・捕獲しながら餌やりだ~と・・・・・・。


しかし、捕獲に行くのに、捕獲器は忘れる・・・。
しかも、気がつくのが、かなり走ってから・・・。


・・・・忘れた捕獲器を取りに戻りました・・・。(涙)。




が、ついてなったのもここまで!!!!!


くろこだいるさんが餌やりをやってくれていまして・・・(●^o^●)・・m(__)m
有難うございました。

そして、とんとん拍子に捕獲に。



公共施設の猫

本日の捕獲の子です。




見事に捕獲成功!!!!!

目指していた猫ではなかったのですが、それでもよかったです。未手術だと思われます。
風邪も引いていた子だったので、返ってよかったのかもです。

3月とはいえ、昨日辺りから寒いです。

リリースの時は、暖かくなっていますように・・・。

お食事風景。

すごい・・・○ーバの力。

夕食は、缶詰。
猫ハウスの子達(ミミコ、ごまめ、ぐれたろう、ミラー、ブルメ、うめ、ぐりたち)は缶詰に意欲は燃やさない。

ももじろうたちと比べても、今ひとつ食べる意欲が低い。

ところが、いつものドライフードに、○ーバのドライを上にかけたら
美味しかったようで、缶詰よりも、次のドライフードを並んで待っている子たち。

ドライを置くと
4~5匹位の頭が一斉に一つの器に集中して食べ始める。
((+_+))・・・○ーバの威力か・・・・。

それにしても、「待つ」という猫のルールなどこの子たちには当てはまらない様子。
・・・いいのかしら・・・?????






ももじろう部屋の子達(ももじろう、りんたろう、ちいめ、となかいさん、ランチ)は缶詰が大好き。

が・・・((+_+))・・一人「ちいめ」だけは・・・選り好実が激しいヤツで、赤みの缶詰の時は、匂いを嗅いでさっさと立ち去る。

人気のドライフード(○イヤル○ナンのphコントロール)の時、
真っ先の食べるのは「ももじろう」。

りんたろうは、「あとで・・・ゆっくり」

ランチも真っ先に食べようとするけれど、ももじろうとかち合うと
ももじろうの頭をたたいて立ち去る。
たたかれたももじろうは、何とも思わず食べ続ける。

「ちいめ」は待つ事などしないで、割り込んで食べる。

となかいさんは、ももじろうの後ろに座り・・・食べ終わるのじーと待つ。
・・・いじらしい。

結局、猫のルールを守っているのは
「となかいさん」だけなの?????

((+_+))・・・いいのかしら?

氷の滝。

氷の滝(山彦の滝)


滝の名前は「山彦の滝」。

多分、夏に行けば小さな滝だと思います。
落差28mだったと記憶しています。

しかし、ここにたどり着くまでには・・・・結構大変でした。

ここの滝を見る為に、友たちのダンナは、かんじき、長靴を準備してくれていました。


なぜなら、車は、途中から通行止め。
新雪を歩かなければならないかもしれなかったので・・・・。

でも、そこから何とか一本の道がついていたので、長靴で歩いていきました。

そして、その道には、鹿の足跡。
クマの足跡?も。

山の奥に行くんだよ・・・・・。
人間に見つからないようにね・・・。


雪の中歩く事、1.5キロ。

やっと看板が出てきたら
その後はさらに200メートル山に上がるのです・・・・(涙)。

前に行くしかないので進んだのですが・・・・。

山でこける事3回。
声をかけられて上を見る度に、とヨロッと転んでいました。(笑)。
危ない・・・危ない・・・(苦笑)。

当然、滝の全体が凍っていたので、滝の裏側にも行けました。
でも、裏側はアイスバーン。

私は、途中断念。
友達夫婦は、いとも簡単に裏側にいきぐるっと回ってきました。

・・・・もう二度と行けない、二度と見れない滝でしょう。


裏側から見た滝の色・・・・・忘れられない色でした。


ここまで連れてきてくれた友達夫婦に感謝。

天気は山を降りる頃、雪が降り始めました。
セーフ~でした。



静岡では、ほとんど野生動物に会うことは無いです。
たまにであった動物も
人間達に遠慮して生きているような・・・・・・。

でも、ここ北海道は違うと思えました。

人間も動物と一緒みたいな・・・・・。
実感できました。


今までも何回も夏の北海道に行ったり
冬も、スキーに行ったり・・・(かなり昔です。)

でも、今回ほど自然を感じた事はなかったです。

忘れられない北海道でした。


友達夫婦、そして天気に感謝!!!!!

鳥と流氷。

かもめと流氷


人間たち「わーかもめだぁ~!!!!!」
「可愛いねぇ~!!!!!」
「すごいね~!!!!!」

かもめ

「これが人間なのね~」
「何かくれるかしらねぇ」
「せっかく来てくれたからサービス」

そのうちに人間達の目線は流氷へ・・・・。

そのカメラ、ビデオ目線が、流氷に移ったことをしっかりと確認してから
かもめは、飛び立ちました。
何を感じたのでしょうか・・・(苦笑)。


「十分サービスしたわ~」

いや


「単に可愛いとかすごいとかと言う言葉ではなく
もっと言い方はないのかしらねぇ」
「語彙が貧弱?」
「もっと、動物との共生を考えてほしいわねぇ・・・・」



と思ったどうかは知りませんが・・・・・はい・・・。


おおわしと流氷


この鳥は、オオワシだと皆様が言っていました。

肉眼では、ほとんどわからないのですが
カメラは、すごいです。

他にも、いろいろな種類の鳥の姿がありました。

普段の生活では、身近に野生の動物を感じられる事はほとんどないですが
ここでは、みんな一緒に生きているみたいな動物との連帯感を感じられました。

動物たちにエールを!!!!!


旭山動物園。

そろそろ散歩の時間だ~..


天気は、ぴーかん。
出発30分前でも、なんとゲートの前に集まっていたペンギン達。

茶色くて体が大きいペンギンは何と・・・まだ子供だった・・。

待っていた子達(ペンギンさんたち)の中で、一旦はゲートが開いて外にでたものの
「止めた~」とばかりに戻っていったペンギンもいました。

係りの人は無理強いする事もなく、そのまま戻ったのを確認して
ゲートを閉めました。

ぺんぎんの意思を尊重していて、何となく嬉しかったです。
弱いものが大切にされているのは、いい光景です~。


散歩、散歩~..


はぐれペンギン


このペンギン達は、「散歩なんていやだい~」
「自分達で行きたい所に行きたいわい~」

で、4匹で橋を渡って遊びに来ました。
が・・・・橋は氷って・・・滑りやすい。
ツルッ・・・と滑っていました。
転びそうでひやひや。

帰るときも、並んで帰っていきました。

氷の橋。
つるつるでした・・・。

この子達・・・すべるので横向きでかにさん歩きで戻っていきました(爆)。

ペンギン達の氷の生活の工夫でした。





写真は、撮らなかったのですが
「ヒグマ」の親子がいました。

母熊と2頭の小熊たち。
母熊が寝ている周りで、小熊たちはお相撲ごっこ。

で、目が点になったのは
ヒグマの説明文のところ。

父熊の所には名前と飼われた過程がかかれてありました。
「○○の所で保護」・・・・そうか・・・北海道だもんな・・・。

母熊の所では
「誤って保護」・・・・誤って保護?????

よかったね・・射殺されなくて・・・・。

実は、以前はやはり射殺だったようですが
最近は、ヒグマは人間を襲わないと言う事が広がっているとの事。
なので、殺すより、脅かして?声を出して?山に帰るようにしているとの事でした。

よかったです。


ところが、今はエゾシカの問題がおきているとの事でした。
山を荒らすと言う事で、狩猟が制限をされずに許可されているらしいと・・・。

しかも、シンポジュームでの話題は
鹿の肉をどう処理?どう料理?するとかそんな方向にいっているとか・・・・。

あの優しい目を思い出すと切ないです。



やはり~ネコ..



友達は、トラと目を合わせたい・・・を切に希望。

そして、目が合ったとか・・・・。

そしたら、トラは、突然柱にネコのようにスリスリと顔をこすりつけ甘えるしぐさ。

周りの人たちも
「わ~ネコみたい~!!!!!」

・・・・ねこ科ですが・・これほど似ているのを痛感。


天気に恵まれて感謝。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード