さび母からの贈り物。

さび母の記録 (2)


公共施設に関わり始めた頃の記録です。

10年ぐらい前の「さび母」の記録です。
みぃさんが作って残してくれた物です。m(__)m


懐かしく、読み返しました・・・。


そして
当初、「ぼたん」ちゃんも出産していた事も・・・。
多分子供は故「がり」ちゃんだったと思います。
何しろ、顔が似ている・・・。

いつもぼたんちゃんを見ると
がりちゃんを思い出します。



今日、霊園に行って来ました。
途中、猫生の大半を過ごした公共施設へ・・・・。

懐かしかったかな・・・・。

私の父と母の時の事を思い浮かべました。
心肺停止して「死」を実感して泣きました。
そして、形がなくなるときに、又「死」を実感して泣きました。

それは、さび母も他のどの子も同じです。



霊園で、受付をしていたら
受付の方から、募金がかなり貯まっていますと告げられました。

1度募金箱を引き上げそのままのような気がしていたので
びっくり・・・。
確かに・・・一杯でした。


さらに
餌もあげて居るんですよね・・・。
と言って
フード・缶詰もいただきました。


何か・・・さび母からの贈り物のような気がして
とても暖かな気持ちになれました。

ありがとう。



まだ、そこらじゅうにさび母が居るようです・・・・。
生まれ変わったら又戻っておいで・・と言いたいけれど・・・それは難しい。

虹の橋で会いましょう・・・。



スポンサーサイト

さび母の旅立ち。

さび母。3


2014年4月29日  未明にさび母は旅立ちました。

私にとって、本当に、本当に突然の出来事でした。

何で・・・何で・・・何で・・・・。

突然の旅立ちで
号泣してしまいました。

覚悟をしていたのに・・・・。
でも、そんな日が来るのを
本気で思っていなかったのだと思い知らされました。

「こんなに冷凍室のお刺身・・・どうするの?」
「なんで、ゆっくりお別れをさせてくれなかったの?」
「勝手に逝ってしまって・・・私にお別れは?」

・・・・何を言ってもさび母は黙して語らずです・・・・。



さび母の姿は
多分異様に見えたと思います。
毛はボソボソで、抜けて皮膚が出ていて
そこはできものがありました。

毛玉もすごかったです。
背中は何とか取ってあげられたのですが
首の下、お腹ははさみが怖くてやってあげられませんでした。

でも、病院は行かなかったです。
それは、さび母の意思のような物を感じていたからです。

でも、姿はどうであれ
本当に気高く、美人猫でした・・・。

さび・・本当にそう思っていたんだよ・・・。
きれいだって・・・・。

散々、勝手に逝ってしまったさび母に悪態をつき・・・
そして思ったのは
突然のさび母の旅立ちは、私にとって一番楽な逝き方だったて事・・・・気がついたよ・・・。
ありがとう。


さび母を我が家に迎えたとき
茶白「竜」君が旅立ちました。

そして「さび母」が旅立った翌日に
「てつお」が退院して
明日から我が家のメンバーに・・・・。

そして
具合の悪かった「ランチ」
今は、昨日あたりから
ドライフードも食べ始めたよ。

みんな
さび母の置き土産なんだね・・・・。ありがとう。

さび母。


さび母。2



寝ているさび母です。




いろいろありがとう。さび母・・・・。

我が家にきて
3年目・・・・。

さび母の好きな物
食べられるものを探したけれど・・・もういいんだね・・・。

その事が身についてしまって・・・・・。
それを今更・・・。
とっても寂しいよ・・・・(涙)


明日、霊園へ。
又その時に泣くよね・・・。


自分の体があまり動かないときだったので
何で、こんな時に・・・。
もっと何かしてあげられたかもしれなかったのに・・・。
残念です。
ごめんね・・・。

愚痴?かも。

体調は不調なり。

一つ崩れると
体の中で、いろいろ起こるようです。

絶妙なバランスだったんですねぇ。



毎日がしんどいけれど
「さび母」「ランチ」「ももじろう」も私と同じ。

いえ・・私以上に大変だろうと・・・・。
この子たち、文句も言わず、頭が下がります。



「ランチ」は食べなくなり薬どころではなく・・・。

とにかくad/缶を口に入れないとと思い
注射器で口の中に押し込んだり・・・・。

抵抗が激しいと出来なくなり・・・困っています・・・。


今朝も、お湯で溶かしたad/缶を注射器で入れました。
3回もやれば、抵抗が激しく
お手上げ状態。

諦めた所・・・・
なんと、ドライフードを音を立てて
がりがりと食べていた「ランチ」

・・・・・何なんでしょう・・・?(゜Д゜)
何がどうなっているのかわかりません。

マッいい方に転んでくれればそれでいいです~。



昨日は「theアルフィー」のコンサート。
痛め止めを飲んで行ってきました。

客層は・・・同じような方が多かった。
で、そんなに立ち上がらないと思っていたら
曲が流れたとたん
みんな、立ち上がりました・・・・。

聞き慣れない曲ばかりでしたが
耳障りがいいので
乗れるんですね(笑)


帰り道
変な人が猫に意地悪をしてないかと
ついでに見回り。

そして
今日はお当番。
平和でした。

すこしでも
この平和が続きますように・・・・。

私の運。

今日は、公共施設のお当番。

雨でした。

こんな日はいつも願います。
誰も出て来ませんように・・・・・。


霧雨のような雨だったので
油断して、カッパは着なかったです。

これが大きな過ち。
すっかり服、髪の毛が水分を吸ってしまいました。

雨にもめげず出て来た
「みかん」ちゃん、「ラブ」「リオ」「すぎちゃん」「ドミノ①」たち。
いつも「くろくろ」と一緒に出て来ている「サンバ」「いっぷく」は居なかったです。

猫たちと同じように、雨に打たれました。

帰りの車の中でしたが・・・なんと一時雨がやみました。


チェ・・・ちょっと時間がずれてくれれば
雨に当たらなかったのに~・・・・・(ーー;)


多分、私の運は使い果たして居るのかも。
先週は、体調が悪くて・・・・。


が、いい運は「ももじろう」と「ランチ」とそして「さび母」にいってくれれば・・・・・。\(^O^)/






今、膝の上で、うっとり?とまったりとしている「ランチ」。

残り物でもせっせっと食べている「ももじろう」。

満身創痍でいきている「さび母」。
それでも、「おかえり」と出て来てくれました。



私の運を使って頑張ってくれれば
それが、
私にとって幸運と言うことかな?



ももじろうの役割。

まつとももじろう 織機にて


右が「まつ」
左が「ももじろう」



こたつの下でよく寝ている「ももじろう」と「ランチ」。

そして、気が向くと「ランチ」をなめている「ももじろう」。



自分のやろうとすることには執着をする「ももじろう」
でも、ただそれだけ・・・・。

まわりにいる猫を決して差別しない。

「まつ」や「ぽんた」は
「さび母」を避ける。
そして、「ランチ」をも・・・・・。

でも、「ももじろう」はまつ」や「ぽんた」のように
弱っている「さび母」や「ランチ」を避けない。

それどころか、時々「さび母」のお刺身を取ろうと
頭を突っ込むけれど・・・・(笑)


弱っているこの子たちには
受け入れている「ももじろう」の存在は精神安定剤?かも。





「ランチ」は小康状態です。
あのまま崩れると思ったけれど
何とか踏みとどまっています。

「さび母」も「ランチ」にも
生命力を感じます。
痛みもあるだろうに・・・。
淡々と過ごしているこの二匹。

見習いたいです。


「ももじろう」さんにも
何とか長生きをして欲しいので、
1度病院で見てもらおうかと・・・・。

ただ、今は金欠病なので・・・・。


何しろ
捕獲器で病院に運んだ「てつお」がいまだ入院中。(ーー;)
ち、ちりょうひは・・・・。

面会にいったら
すごく怒られました。「てつお」くんに・・・・。
人間恐怖症で、
これは、おとなしい年寄り猫の保護部屋に入れないと・・・(ーー;)



生きていれば
いろいろあります・・・・・。

で、「ぼちぼち」と「淡々」が、座右の銘に~。

2回目の輸血(ランチ)。

「ランチ」は昨日、又貧血がひどくて再度入院。
そして、輸血。


でも、今回は2回目と言うこともあり
効果はなかったです・・(涙)。

病院で、
しっかり歩けない「ランチ」。
ヨロヨロしながらの歩きでした・・。


その姿を見て
限界だと悟りました。


次回の通院は五日後・・・と言うことでしたが
多分・・・もう行かないと思います。
行かないと言うよりは
行けないと・・・・。


後は自宅でできる事をやるだけです。



帰り道
隣のキャリーの中の「ランチ」を見ながら
涙を流しました。

でも、この涙で覚悟が出来たように思います。

後は
淡々とやれることをやるだけ・・・・。
苦しまないように・・・・と。


夜、ヨロヨロしながら甘えに来た「ランチ」

最後に一緒に寝たいけど
返って、体は切ないかな・・・・。





さび母は元気でいつもより食欲ありです。
帰ると、玄関で待って居てくれるときがあります。

そしていつものように
先に立って案内をしてくれます。

ありがと。
まだ、しばらくは、そのままでいて・・・・。



お当番。

りおこくん。

写真はりおくん。

実は、この写真は今日ではありません。
撮った写真は、なぜかアップロード出来ず・・・・???
何で~。


寒いときがあるとは言え
真冬のような気温ではなく、うれしい。

今日のお当番でも、
出て来た子たちは、みんな眠そう~。

居なくなった「くろくろ」以外はみんな大丈夫そう。

よかったね。

でも、みんなで冬を越したかったね・・・。


今日は、私以外でも来てくれた方が居たみたいで~。m(__)m

ありがとうございました。

諸々~。

夕方、保護ハウスの扉を閉じるときに
はいってしまった「ハエ」。

今日は、死骸で発見。

(ーー;)多分、猫たち・・・「ミラー」が・・・。




先日、六畳の部屋をやっとお掃除。
遺品整理です。
友達と他の友達の旦那のコンビが最強でして・・・・。

で、きれいになったその押し入れの上で寝るようになった「ももじろう」。

ところが
猫の悲鳴(初めて聴いた・・・)が聞こえ
部屋に入ってみると
居たのは「ももじろう」

周りには、血が混じったような鼻汁が飛び散っていました。


思わず
「ももじろう~。せっかく生き返った命を無駄にするんじゃないよぉ・・・」




ランチは今週の初め位から(涙)
食欲が落ちてきました。
無理に口に入れると少しだけ食べる・・・。
明日、病院です。
舌が白いから、エイズによる貧血が進んでいるのでしょう・・・・。
毎晩、そばで寝るので
さすりながら、明日も一緒に眠ることが出来ますように・・・・(祈)。

具合が悪くなると
人間には、近寄らないです。
なので、近寄って来るあいだは、そばで大事にしたい・・・・。





先日、捕獲・手術した「てつお」。
前足の怪我は
同じ所を何回も噛まれ、関節炎になっているとのこと。
馴れていないので
注射も大変だとのこと・・・・・。
しばらく、入院です。
(ーー;)・・・値上げのこの頃。

痛いです。

特に、電気代・・・・値上げが痛い。


はぁ・・・。



値上げにもめげずに・・外猫たちに幸あれ~。






野良猫・・。

一年以上前に、家で保護した「ハイジ」くん。

そのハイジの兄弟と思われる猫・・・「鉄夫」くん。

今夜、その「鉄夫」君を捕獲器で捕まえて病院へ。


今は家猫で「ハイジ」はとても太っていて元気・・・。
方や片割れの「鉄夫」くん・・・ボロボロでした。
1年間、外で頑張ったんです・・・。
でも、顔つきも、姿も、まさしく野良猫でした。
さび母よりはましな満身創痍の姿でした(涙)。


同じような所にいた猫、ハイジと鉄夫たち。

片方は右へ
片方は左へ

それぞれ流れていきました。

左に流れた「ハイジ」は我が家にたどり着きました。
右に流れた「鉄夫」は次男のマンションに時間をかけてたどり着きました。

マンションでは餌やりをしてくれている人が居たそうで・・・・。
なので、手も出さずに
餌をあげてくれる人が居れば大丈夫と言い聞かせていました。

でも、左の前足を怪我をして・・・・。
でも、そのままの様子・・・。

次男に頼まれて
重い腰を上げて見に行きながら捕獲。

姿をみてあまりの悲惨な姿にびっくり。
・・・・これでは公共施設の猫たちの方が、太っているし、元気そうだよ・・・。(涙)
次男が「もう大丈夫だよ・・・」と声をかけていました。

若そうなので
次男に、最後まで見ることを条件に保護をすることに・・・・。

猫たちの数・・・減らしたい所、又、増えたよ・・・(号泣)。
でも、あの姿を見たら
そのまま知らん顔は出来ないです。


さて、今日は公共施設のお当番。


みかんちゃんとラブの尻尾

「みかんちゃん」と「ラブ」の短いしっぽ。



みかんちゃんの連れ茶とらくん。


「みかん」ちゃんとよく一緒にいる「茶とら」くん。



りおこくん。


りよこくん。


みんな暖かくてお昼寝タイムのようでした。

眠そうに出て来た「ろん」「すぎちゃん」「ドミノ②」

今朝はかなり冷え込んだので
みんなの元気そうな様子は、うれしかったです。

「くろくろ」は居ないです。
お堀をのぞいてみようかと思ったけれど
怖くてのぞけなかったです・・・・。

いっぷく、さんばは健在でした。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード