子猫。(涙)

H28年6月29日 子猫
写真は公共施設で発見された子猫。

子猫が公共施設で発見されたいきさつは↓でお願いします。
静岡小さな命を守るネットワーク
6/28記入の「子猫」のブログです。リンクがうまく飛ばなくてスミマセン。


今日のお昼頃
昨日に続いて捕獲器を持って子猫の所へ・・・・。

鳴き声が聞こえたので
昨日から場所を移動していない事を確認。
で、その後まもなく捕獲器に入って大暴れ・・・・・。

車の中で
「大丈夫だよ・・・」と声をかけながらいつもの動物病院へ連れて行きました。
全く馴れていない猫は
車の中で全く鳴かないのですが・・・・・。
この子猫は2回ほど鳴きました。

病院は昼休みだったけれど
受けてくれてそのまま入院?です。

でさっき
病院へ電話したところ
シャーと吹くけれど
触らせて、抱っこも出来るとのこと・・・・。

里親募集が出来そうでホットしました。

でも、私が一番苦手な里親募集・・・・・。トホホです。

(ーー;)頭が痛い・・・・です。

一匹幸せにするために頑張るしかないです。
皆様の知恵をお貸しくださいまし~m(__)m
スポンサーサイト

崩壊した飼い主。

公共施設のボランティアを希望してくれた方。
その方は行動力のある方で、崩壊した飼い主さんに手をさしのべています。

しかし・・・・
想像を絶する状況のようです。

子猫はニヒキ死んで行ったそうです・・・。
一匹は病院で輸血をしてもらい、元気になりつつあるとの事です。

しかし・・・
他にも動けない猫がいたり
足を下に付けない猫もいたり・・・・。

病院に連れて行った所
動けない猫は「白血病」。(涙)

そして、足の付けない猫は
右後ろ足粉砕骨折。(涙)
何故?????骨折?

実際猫の様子を見ている訳ではないけれど
十分悲惨すぎます。
骨折している猫。(涙)
写真は粉砕骨折をしている猫です。

近くで苦労している方がいれば
見て見ぬ振りは出来ないものです。

ただ、私のやれる事は少ないです・・・。
自分の今の状態を守りながら、やれる事・・(ーー;)少ないです。

でも、その方に協力を申し出ている方も少なからずいらっしゃるようで
ありがたいです~\(^O^)/。

公共施設のボランティアの仕事は
希望があれば
喜んでサポートするつもりでいます。


幸せに・・・。

ちゃこ。
写真は「チャコ」。

公共施設から保護した「ちゃこ」

ケージから出たり
入ったりして
段々自分の行動範囲を広げていった「ちゃこ」

しかし
あまりにもケージを留守にしすぎました・・・・(苦笑)

ケージは
乗っ取られました。

あんなに天敵だった「ミラ」が
中に入って
ず~とくつろいでいます。

「ちゃこ」はと言えば
高い所でどや顔です。(笑)

ただ、猫のと交流はほとんど避けていたので
多分・・・変人ならぬ変猫でしょうね。

時々
ご飯の茶碗が割れる事が出て来ました。
危ないので食べ終わったら早めに回収をするようになりました・・・・(苦笑)

みんな
幸せな顔が一番です。
チャコ以外はどうでしょうか・・(笑)

チャコは幸せそうです♪



無責任な飼い主さんより保護された子猫

写真は、ボランティアさんが関わり始めた家の子猫です。
いつも
そのお宅の前で
猫がちょろちょろ・・・・。
ずっとそのお宅が気になっていたようです。

で、指導センターに連絡をして
そのお宅の猫たちを何とかしたいと
動き出しました。
凄い行動力です!!!!!

でも、他の猫たちも状態がひどく
2匹の子猫も、弱っていて体温が落ちかけていたとの事でした。
そして
一匹は虹の橋に行ってしまったとのことでした・・・・・・。

残った一匹も食欲もなく
助かるのかわからないそうです。

何とか助かって欲しいです。
元気になったら募集をかけたいとのこと。

パステルカラーの三毛さんです。
幸せになって欲しいです。

腫瘍と?

私の関わった猫で
腫瘍になってしまった猫は6匹。
そのうちの5匹は洋猫の混血でした。

長毛黒猫の「ムク」は乳腺のガンで死亡。
公園で弱っていて保護してまもなくでした。

公共施設の「くろあめ」くんも首に大きな腫瘍で入院後、まもなく旅立ちました。
アメショーの混血でした。
顔はアメショーの丸い顔ではなくとがっていました。

去年旅立った「ポンタ」もアメショーの混血。
足が細くて体の全体のバランスが悪かったです。

そして
先月脳の腫瘍で苦しみながら旅立った「ブルメ」はしシャムの混血。

そして
知り合いのアビシニヨンの混血の子も
乳腺の腫瘍で死亡・・・・。

純血書って強いけれど
その混血の子は腫瘍になりやすいと思ったものです。

でも、純血種の方が劣勢遺伝で弱いのだと
知りました。

確かに
保護して居る子たちはみんな元野良の子たちなので
純血の子は知らないのですが・・・・(汗)
それなりに、長く生きていたような気がします。
「ぽんた」と「ブルメ」ですが・・・。

でも、この子たちよりも
もっと弱い純血種というと
大変だろうなぁ・・と思います。

H27年12月 銀地
中毛の「銀地」


そうなると
気のなるのは「銀地」ということでしょうか・・・・。
元気そうに見えても注意深く見ていかなくては・・・と思いました。

ロン
写真は公共施設の「ロン」

とたんに
「ロン」のことも気になってしまいました。
月曜日にお当番の時にほとんど食べなかったので・・・・。
単に好きな缶詰ではなかったとは思うのですが・・・・。


我が家には
たくさんの「ブルメ」の痕跡があります。

畳のこんな所にと言う狭いところの血痕。

トイレの掃除の時は
ヨロヨロしながらトイレに頑張っていた「ブルメ」

寝るときは
必ず頭を並べて縦型ではなく
横型になって寝るので
布団の三分の二は占領されていました。
私は布団の端に追いやられ
枕に至っては
完全に乗っ取られ
私の頭は枕から落ちていました。

(ーー;)・・やはり切ないですね。

でも、
どんなに悲しくても
24時間その事に費やして居ることは出来ないです。

生活を維持するための家事
そして
猫たちの世話・・・・。
淡々と日常生活をこなすことが
精神のリハビリでしたね・・・・。

もう
脳の腫瘍は・・・・たくさんです。

どの子も
健康で天寿を全うできますように・・・・・(祈)。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード