カエルと茶綿

DSC_0182 (2)

五月上旬に植えた「綿」

花の実がはじけてコットンボールになりかけて来ています。

ところが
雨・・・・が多くて・・・・。
外猫たち同様、コットンボールも雨が天敵。

それでも、
コットンボールが収穫できるとうれしいものです。

写真は
茶綿のコットンボールの中に
ちゃっかりと座っている雨蛙・・・・(笑)

可愛らしかったので撮ってみました。

スポンサーサイト

((+_+))完全になれない「甘夏」

h28年9月 「グリ」と「甘夏」の食事風景
食事風景

先日次男が長男の所へ用事があって出かけました。
当然私は
「甘夏の様子を教えてね~♪」

ところが
まったく姿が見えなかったとの事。

次男がうちに入った途端
ほかの部屋に居たにも関わらず
洗濯機の裏側に隠れていたとの事。(苦笑)

話を聞くと
以前家で保護していた時と変わらず
捕まえようとすると逃げる。
自分が甘えたい時だけごろごろすり寄る・・・・。

しみじみ
里親は難しかったかも・・・・。

食事の時
「甘夏」は自分のご飯が終わると
「ぐり」のご飯を横取りするとか・・・・(苦笑)。

「ぐり」も退かず
二匹で顔を押し合いへし合い食べているとか・・・・。

飼ってもらっているだけで
助かったよ~♪

「ごまめ」

「ごまめ」の鳴き声が切ないです。(涙)。
よく、聞こえます。
鳴き声が………。

「ミミコ」が具合が悪かったとき
よく、部屋のなかで姿を隠しました。

ある時
どうしても、見つからなくて
出てしまったのかと
外も必死で探した事がありました。

脱走??????
でも、どう考えても
出るかな……出れないよな……。

部屋に戻って探すと
「ごまめ」と目が合い
「ごまめ」のあとをついて行ったら
ミミコがいて
ホッとした事がありました。

そんな事を思い出すと
「ごまめ」の声が
切ないです。

H28年9月13日 ミミコの旅立ち。

「ブルメ」と「みみこ」H27年12月
写真は旅立ってしまった「ブルメ」と「ミミコ」

ミミちゃんは
本当に 本当にあっさりと逝ってしまいました・・・・。

ケージにやっと入れたのは
旅立つ二日前のこと。

顔つきも変わっていなかったので
まだ、大丈夫だと思っていました。

やっと
ミミちゃんをケージに入れた事で
ホッとしました。

やっと
これで逃げられないから
嫌われても
薬をあげられると思ったものでした。(涙)

でもケージに入れてから
単なる口内炎ではなさそうだと気が付きました。

でも、もう、その時は弱っていて
病院へ連れて行くことで
かえってミミコが不安定になるかも・・と・・・迷いました。

そして
13日の朝
ミミコちゃんは旅立ってしまいました。

悲しいというより茫然でした。

何にもしてないのに・・・・。
何にも出来なかった・・・・。

ただ、ただその事がつらかったです。

保護した当時
親猫兄弟で5匹でいたミミコたち。
でも、結局
栄養不足でみんな弱っていたので
長生きはできず
ミミコが旅立った今
残っているのは
姉妹の「ごまめ」だけです。

「ごまめ」はサビ猫で
頭もよく食欲もあり
体もミミコより一回り大きいです。

きっと
親猫、兄弟、ミミコの分まで頑張って生きてくれると・・・・。

ミミコの火葬の日
お線香を買いました。

毎朝
そのお線香を炊くたびに
ミミコの事を思いだす事でしょう。

何もでしてあげられなかった分
毎朝
思い出していくよ・・・・。

ごめんね・・。
ミミコ・・・・。

野良のスイッチ。

h28年8月 ミ
写真は「ミミコ」ちゃん。

三毛猫「ミミコ」ちゃんは
今までは
背中をなでていると
体を伸ばして喉をごろごろと
喜びを表現する猫でした。

姉妹のさび猫「ごまめ」よりも
懐いていると思っていたのです。

この二匹はとある建築業の資材置き場で産まれ
母猫は栄養不足。

友達と見ていられなくて
それぞれで保護しました。

もう一匹いた兄弟猫は
すでに死亡していました。

しかし、子猫で保護しても
三ヶ月は過ぎていて簡単には触れなかったです。
家庭内野良です。

それでも月日は流れ
保護して9年目。

さて、2~3週間前の事です。
あんなに懐いていたと思った「ミミコ」は具合が悪くなりました
その時です。
野良のスイッチが入ったのは・・・・・(涙)

私が部屋に入ると
高い所に避難して全く触れません。

一回だけ上の棚から降りてきて
触らせてくれたので
この時とばかりに薬を口に入れました・・・・。

そしたら更に嫌われ
全く冷たい眼で上から眺めています。

多分、口内炎かと思います・・・・。

野良のスイッチを持っている猫は
他にもいます。
というか
保護しているほとんどの子が持っています。

でも、「ミミコ」のスイッチは
かなり強力でした。(゜Д゜)

で、さっき
茶白「ちいめ」と長毛とら「銀地」が脱走。
「銀地」が外で鳴いていて
ビックリ・・・(゜Д゜)
それで、脱走が発覚。

「銀地」は人間に懐いていて
野良スイッチを持っていない
数少ない猫なので直ぐに抱っこ。

しかし
「ちいめ」は野良のスイッチを持っている子です。

部屋では
甘えたくてごろごろすりすり・・・・。

しかしそれ以外の場所では野良です・・・・。
抱っこは無理・・・。

仕方なく、追いかけたら
自分で逃げて、家に入り
それから部屋に戻りました・・・・・。やれやれでした。

一緒に脱走しなかった「親分」と「ちゃちゃ」。
外で、どんな反応をするのか
考えただけでも恐ろしい・・・・。

よかった・・・・・・・・・・・・・・。

「グリ」と「甘夏」の闘い。

h28年 8月 「グリ」と「甘夏」
写真は「グリ」と「甘夏」

h28年9月 「グリ」と「甘夏」
写真は「グリ」と「甘夏」

大分馴れた?というより
「グリ」に威張っていた「甘夏」。

「グリ」は時々顔とか尻尾に傷が・・・・(苦笑)
犯猫は、勿論「甘夏」

で、とうとうマジギレした「グリ」

怒って
隅に追い詰めて・・ギャオォ!!!!!

「甘夏」も応戦するも
「ぐり」の怒りの前では・・・・とうとうお漏らしを・・・・。(苦笑)。

「グリ」の我慢も限界だったと言うことでしょうか。

h28年9月 トイレットペーパーと「甘夏
写真は「甘夏」

怒られても
直ぐに忘れ
反省の色なし!!!!!の「甘夏」だったとか・・・・。

トイレットペーパーを引っ張り出しているようでは・・・・
反省はないか・・・(笑)

「グリ」~ごめんね。

雨降って 地固まる・・・そのようになりますように~\(^O^)/

黒犬「ロク」の病院。

黒ラブ「ロク
以前の写真を使いました。「ろく」です。

やっと
病院へ連れて行きました。
なにしろ、私だけでは猫と違い・・・連れて行く事が出来ないのです。
次男に時間を作って貰い行ってきました。

「ろく」を車で連れて行こうと思ったものの
車の車高が高く
三回乗ろうと自分でチャレンジした「ろく」。
三回とも失敗をしたら全く乗ろうとしないでストライキ。(ーー;)

で、車の中にご飯を置いたら
必死で車に乗り込みました・・・・・(苦笑)

わかりやすい、短絡な子だわ~。

結果は
人間と同じで
年をとればいろいろ出てくるものです。

それでも体重は-7キロ~\(^O^)/
減量、成功です(涙)。

心臓は不整脈
目は白内障
耳は脂で真っ黒
更に
まだ、減量をせよと・・・・・。

食べる薬は大好きな「ロク」
しかし
目薬、耳掃除はさせてくれません。

言うことを効かないのは
年をとっても
相変わらずです。

馬乗りになって
耳の薬、目の薬頑張りましたが
無駄でした。

「ろく」~!!!!!
楽に生きれる為なんだよぉ。
分かってくださいまし。

プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード