スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神疲労。

昨日も、一応眠りました。

食事も、取っています。

でも、抜けないのよね・・・この疲れ。





やはり、父はこのまま寝たきりになりそうです。


反面、面白い事に
脳に血液が回るようになった為か、反応がいい時が出てきました(爆)。


二つとなりのベットの人が、看護士さんに
「では、帰りますのでよろしくお願いします」と挨拶。

すると、「ハイ、ごくろうさん」と父。

かと思えば、「まだ、戦争はおわっていない」と頑張る父。

・・・「たえがたきをたえ、しのびがたきをしのび・・・と放送を聞いたでしょ」


珍問答で、面白いです。
父の頭の中に浮かぶ事に興味深々です(苦笑)。

ただ、戦争がトラウマになっている事は間違いないようです。


多分、私だったら
猫が増えて、困っている場面しか出ないかもしれません~(笑)。

京都の姉は、あっさり明日帰ります。
「後は、よろしくね~」と・・・・・(涙)


病院の現場は、人手不足。

食事の介助の患者さんが多いそうで・・・・。

なので、出来ればご家族で、食事の介助をお願いしたい・・・・との事。
建前は、完全看護ですが・・・・実情は厳しいです。


明日の夕食から、一日3回の病院通いが始まります。




もし、父がこのまま自宅に帰れないとしたら・・・・
「とら」が不憫で涙がでます。

「とら」は父を待って
今朝も、父のベットで、寝ていました・・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

じぶんは
こまさんの姉という立場です.
でも父は病院に任せっきり。
誤嚥の恐れありで胃ろうなので何も食べさせないし
見舞いに行っても会話は成り立たないので何もやることがないし.
寂しいけどありがたいのかな?
働く身としてはちょいちょい行けない距離なので
心に引っかかりながらも行っていません.
こまさん、猫さんのお世話は誰かの助けがあるのでしょうか?
体に気をつけてくださいね.

No title

すみれさん、こんにちは。

まだ、食べさせてあげられるだけいいと思うべきなのかもしれないです。

日々弱ってきていて、今は、とてもおとなしいです。
近くに居ただけでも、いろいろ思い出とか恩恵とかあったので、その分、手がかかっても当たり前と思うようにします。

まだ、反応するので、声をかけています。
その声かけもいつまで可能なのかな・・・・。

「とら」の事を話すと、にっこりします。
とりあえずは、家の事を話す様にしています。

とらちゃん

ああ、猫も一緒にいられる病院があればいいのに・・・

いつか自分が入院とかしたら、
何が嫌って、猫がいない事かな。

直らない病気なら絶対入院しない・・
だって、猫がいないもの~(T_T)/~~~

お父さんもとらも可愛そう。

No title

りんさん。
有難う。

動物も一緒に過ごせる入院施設があるといいけれど・・・・・。
でも、犬と違って猫は環境が変わると嫌がるかもしれないですね。

「とら」のあの時の行動は、とらなりのお別れのような気がしています。

まだまだ落ち着かないです。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。