スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病猫用ケージ。

クロアメ君を保護するはずだったケージ。

病猫用として、空けておいたものです。

今日、そのケージにさび猫「ゴマ」が入りました・・・・。


ごま。


「ごま」を保護して、9年。

9年前、

「ごま」はスーパーのゴミをあさっていました。
保護しても、全く人間には、慣れなかったです。

でも、一緒にいた「ももじろう」が優しくて
その為に、心を開いていった「ごま」。


今、かなり免疫が落ちて、口内炎、下痢・・・・。

病院での詳しい検査は、止めました。
本当にとりあえずなのですが
点滴と抗生剤、インターフェロンのみ。


多分、エイズ(+)です。

この病気は、急にガタガタと崩れるようです。


対処療法しかないですが・・・・。


「とらじろう」を送って、食べ物とか薬とか楽になるのかと思ったけれど
・・・・。

「ごま」だけでなく
「にゃおん」も故「とらじろう」と同じ状態・・・・(涙)。
病気とかではないですが・・・・。
高齢の為、老衰とかでしょうか・・・・。
食べさせるのに苦労しています・・・・。


他の保護猫たちも、年を取り気が抜けないです。






「とらじろう」は、旅立つ前日の夜まで、お刺身を食べました。
生かつおだったね・・・。

今まで、かなりの頭数の猫たちを見送ってきました。
でも、「とらじろう」ほど、自分の体をすべて燃え尽きて旅立った猫は初めてです。
本当に、骨と皮だけでした。
脂肪も筋肉も・・・ほとんどなかったです。

そんな状態でも、トイレも失敗したのは1回だけ・・・。

1度だけトイレに入る力がなくて、
トイレの外に・・・・。
それも、旅立つ前日だけ・・・・。

飼い主の父が逝ってしまい、「とらじろう」は
寂しかったと思います。

父とはあんなに布団で一緒に寝ていたのに
私の布団には入って来なかったです。


さびしさがあったと思うけれど
最後まで生きていった事・・・驚きでした。

頑張ったね・・・とらじろう・・・。

気丈だった「とらじろう」。
今頃は、家族と一緒で幸せな様子が浮かびます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

ごまちゃん、エイズなんですね
保護して9年、外にいたらそんなに生きられなかったかも・・・
エイズの子は口内炎で食べられなくなること多いですね。

公園から保護したハナもエイズでした
10歳にはなっていないけど外で頑張っていた猫、
さすがに老後は我が家にと・・・
その後4年家猫でした

エイズか老衰か分からないけど我が家で看取れたこと、良かったと思ってます。

ごまちゃん、ゆっくり頑張ってね
とらちゃん、偉かったね・・・・

EKOさん。
やはり、保護猫はエイズの子は多いです。
普段は忘れているけれど、急に抵抗力が弱って、するととたんに・・・・崩れます。

・・口内炎ですね。
外猫で口内炎だと、生きていけないですよね。

ハナちゃん、最後はゆっくりと出来てよかったです。
ごまも同じかもです。
ごまは、地味なこでしたが、頭はよくて
環境を色々チェックしていました。

・・・もう一回元気にならないかなぁ・・・・。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。