「みかん」と「サンバ」

20日に入院した「みかん」ちゃん。

翌日病院から電話がありました。
思った通り
「かなり悪いです。腎臓の測定が測れないないです。最悪のこともあります。」

病院に行かないで
そのままそっと保護して
そっとしておいた方がよかったのか・・・・。

と、とても後悔しました。

後悔、先たたず・・・・なので、わからないです。
・・・人生って、いつもいろんな事を
選択をしているようなものですが・・・。
後になって見えること、わかることがあるので・・・溜息です。


今日、朝、一番で病院へ電話をしました。
「何とか一晩持ちましたね。
腎臓、心臓が正常に動いていないです。
心臓・腎臓が悪いので、輸液は少なめにして
心臓の薬とフードを柔らかくどろどろにしてあげています。
少なけれど、大さじふたさじ位食べました。」

「よくならないならそのままという考え方もあります。
でも、今しか上向きになると言うチャンスはないです。」

さび母のように、2年以上も普通に生活が出来たら・・と思ってしまいました。

多分、薬などの効果がなければ
もうそのまま連れて帰りたいです。

短時間でものんびりと・・・。


捕獲したとき
多分、いつもの一般の餌やりさんだから
みかんちゃんは捕まったように思います。

何てったって
一番関わってくれた方ですから・・・・・。

まだまだ「みかん」ちゃんの事
気が抜けないです。





そして、「サンバ」の事。

口内炎?歯?・・・
ただ口の中、あるいは奥が異常であることは間違いがない。

今日のお当番さんが
丁寧に「サンバ」の口の中を見てくれました。

口内炎とも歯でもないような気がしますと・・・。
確かに、口内炎だとわかるよだれがない。

そこで、明日
その方と「サンバ」を捕まえて
病院に連れて行こうかと・・・・。

ただ、保護はせず短期間に治療を終えてもらい
そのままリリースするつもりです。

高齢な子たちは
みんな治療が必要なのでしょうね・・・。
そこは人間と同じ。

猫の体の全体の状況を見ながら
やれる事を探したいと思っています。
みんなで、気にかけながら、情報を交換しながら・・・・。




保護犬、ビーグル「ポロ」
少し元気になり、ホッです~\(^O^)/
柵に前足をかけてぴょんぴょんはねて「散歩~♪」
せいぜい庭の雑草の散策位だよ~。

「ランチ」は見た目が変わってしまい
猫に見えない・・・・(苦笑)。
でも、精一杯生きているのがわかります。
やってあげられる事は少ない。
少ないけれど、最後まで・・・・頑張るね。

そういえば
さび母は旅立つ直前まで
顔つきは変わらなかった・・・・。
目やにがで始めたと思っただけ。
・・・・毎日、思い出しているよ。

所で、「みかん」ちゃんは
娘なの~?さび母の・・・。



さて、明日うまく「サンバ」を
病院へ連れて行けますように・・・。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード