「ブルメ」の乳母。

「ブルメ」の顔と左前足に痙攣が始まりました。
まるで、去年旅立った故「ポンタ」の悪夢の再来のような感じがしました・・・・。

このまま「ブルメ」の痙攣を見ているだけなんて・・・・。
そんな事出来ないし、「ポンタ」の時のように最後を看取れないこともいやなのです。

で、ネットで病院を検索したら
島田のある動物病院がヒットしました。

院長のブログでは
脳の神経の病について詳しく書かれていました。
症状、原因など・・・・。

で、早速、予約を取り受診しました。

MRIもあるのですが費用がかかります。
それに
原因が分かっても、治療はむずかしいです。
延命治療ではなく
苦しさだけは取り除いて欲しいのです。

病院では
前足、後ろ足の反応
目の反応などで
多分右の脳に腫瘍の疑いが濃いとのことでした。

そして薬を飲み始めて、一週間たちました。

その結果、脳の障害の問題行動はほとんど収まりました。
痙攣もなくなりました。

ただ薬で抑えているだけなので
先は分からないです。

でも、少しでも幸せ感を持って生活をしてくれれば
それでいいと思っています。

ただ、こんなにも甘えん坊だとは思いませんでした・・(笑)

人間だけでなく
猫も恋しいようです。
そういえば、いつも猫団子で寝ていたからなぁ・・・・。

なので、おじいさんの「まつ」にもすり寄っていってはたたかれています。

仲間の猫がいないので
その分人間の私にストーカーです・・・。

これではお互いに大変なので
仲間の猫を連れてきて
「乳母」にしようかと。

で、乳母の猫選に入りました。

茶白「ぐれたろう」は喧嘩仲間・・・やめたほういいかも。
三毛「みみこ」さび猫「ごまめ」は兄弟で
離すのは気が引ける。
茶トラ「ちゃこ」は今の環境にやっと楽しみ始めたところ。
キジとら「ミラ」は環境が変わるとパニクりそう。

最後に残ったのは
黒猫「こぐ」・・・・・。
頭もよく環境の変化に対応できそう。
気持ちが元気なので何があっても凹まない。
問題は、「ブルメ」そっちのけで
新しい環境を自分で楽しんでしまいそう。

一番いいのは
お庭番の「うめちゃん」
血縁関係だし・・・・。
でも、うめちゃんはうめちゃんの考えがあるようで
聞いてくれません。

未だに
悩んでいます・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。

体調の悪い子がいると、それだけで大変ですよね。我が家も高齢域にみんな入って来ました(>_<)

猫選、上手くいくと良いですね。
病院変えて良かったですね。

No title

りんさん。
お疲れ様です~m(__)m。

高齢になると人間も同じでいろいろな病気が出るようですね・・。

お互いに(猫も飼い主も)何とか健やかに過ごす事が出来ますように・・・と願わずにいられません。

いつも有り難う。

プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード