腫瘍と?

私の関わった猫で
腫瘍になってしまった猫は6匹。
そのうちの5匹は洋猫の混血でした。

長毛黒猫の「ムク」は乳腺のガンで死亡。
公園で弱っていて保護してまもなくでした。

公共施設の「くろあめ」くんも首に大きな腫瘍で入院後、まもなく旅立ちました。
アメショーの混血でした。
顔はアメショーの丸い顔ではなくとがっていました。

去年旅立った「ポンタ」もアメショーの混血。
足が細くて体の全体のバランスが悪かったです。

そして
先月脳の腫瘍で苦しみながら旅立った「ブルメ」はしシャムの混血。

そして
知り合いのアビシニヨンの混血の子も
乳腺の腫瘍で死亡・・・・。

純血書って強いけれど
その混血の子は腫瘍になりやすいと思ったものです。

でも、純血種の方が劣勢遺伝で弱いのだと
知りました。

確かに
保護して居る子たちはみんな元野良の子たちなので
純血の子は知らないのですが・・・・(汗)
それなりに、長く生きていたような気がします。
「ぽんた」と「ブルメ」ですが・・・。

でも、この子たちよりも
もっと弱い純血種というと
大変だろうなぁ・・と思います。

H27年12月 銀地
中毛の「銀地」


そうなると
気のなるのは「銀地」ということでしょうか・・・・。
元気そうに見えても注意深く見ていかなくては・・・と思いました。

ロン
写真は公共施設の「ロン」

とたんに
「ロン」のことも気になってしまいました。
月曜日にお当番の時にほとんど食べなかったので・・・・。
単に好きな缶詰ではなかったとは思うのですが・・・・。


我が家には
たくさんの「ブルメ」の痕跡があります。

畳のこんな所にと言う狭いところの血痕。

トイレの掃除の時は
ヨロヨロしながらトイレに頑張っていた「ブルメ」

寝るときは
必ず頭を並べて縦型ではなく
横型になって寝るので
布団の三分の二は占領されていました。
私は布団の端に追いやられ
枕に至っては
完全に乗っ取られ
私の頭は枕から落ちていました。

(ーー;)・・やはり切ないですね。

でも、
どんなに悲しくても
24時間その事に費やして居ることは出来ないです。

生活を維持するための家事
そして
猫たちの世話・・・・。
淡々と日常生活をこなすことが
精神のリハビリでしたね・・・・。

もう
脳の腫瘍は・・・・たくさんです。

どの子も
健康で天寿を全うできますように・・・・・(祈)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れさまでした。ブルメさんのご冥福をお祈りいたします。

腫瘍も白血病も、もう…まっぴらごめん!な気分です。。。

No title

しろりんさん・・・・。
続けて、大変でしたね・・・・。

「腫瘍も白血病も、もう…まっぴらごめん!な気分です。。。」・・
本当にそう思います。

願わくば老衰で眠るように・・・。
まだ、先がありすぎて
分からないですが。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード