H28年9月13日 ミミコの旅立ち。

「ブルメ」と「みみこ」H27年12月
写真は旅立ってしまった「ブルメ」と「ミミコ」

ミミちゃんは
本当に 本当にあっさりと逝ってしまいました・・・・。

ケージにやっと入れたのは
旅立つ二日前のこと。

顔つきも変わっていなかったので
まだ、大丈夫だと思っていました。

やっと
ミミちゃんをケージに入れた事で
ホッとしました。

やっと
これで逃げられないから
嫌われても
薬をあげられると思ったものでした。(涙)

でもケージに入れてから
単なる口内炎ではなさそうだと気が付きました。

でも、もう、その時は弱っていて
病院へ連れて行くことで
かえってミミコが不安定になるかも・・と・・・迷いました。

そして
13日の朝
ミミコちゃんは旅立ってしまいました。

悲しいというより茫然でした。

何にもしてないのに・・・・。
何にも出来なかった・・・・。

ただ、ただその事がつらかったです。

保護した当時
親猫兄弟で5匹でいたミミコたち。
でも、結局
栄養不足でみんな弱っていたので
長生きはできず
ミミコが旅立った今
残っているのは
姉妹の「ごまめ」だけです。

「ごまめ」はサビ猫で
頭もよく食欲もあり
体もミミコより一回り大きいです。

きっと
親猫、兄弟、ミミコの分まで頑張って生きてくれると・・・・。

ミミコの火葬の日
お線香を買いました。

毎朝
そのお線香を炊くたびに
ミミコの事を思いだす事でしょう。

何もでしてあげられなかった分
毎朝
思い出していくよ・・・・。

ごめんね・・。
ミミコ・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。

ミミコちゃん、残念でしたね( ; ; )
猫は我慢して表に出さないから、わかった時には遅い時が多いと思います。

きっと病院も薬も嫌だったんじゃないかな。手をかけずに逝った子は、むしろ寂しいですね。生き物と付き合うのは切ない時があると知りました。

No title

りんさん。
お疲れ様です。
次々といろいろ起こっていてたいへんですが
パワーもすごいですね。

ほとんど手をかけなかった事・・。
これは切なかったです。

この事も心に秘めて
今後に生かせたら・・・。

思うようにいかないものですね。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード