平成29年の我が家の子たち。

H29年1月11日 ぐれたろうとこぐ

ハウスに入ると必ず入った入り口をチェックするこの2匹。(ぐれたろうとこぐ)

少し前は、「ちゃこ」がせっせとチェック!
この頃は諦めたようでして・・・・(苦笑)。

でも長くいる子たちなので
出てしまっても、戻ってくるので・・・・。

H29年1月11日 ごまめ
写真は「ごまめ」。

「ごまめ」は去年旅立ってしまった「みみこ」ちゃんの姉妹猫。
残った「ごまめ」には
人間に馴れてもらわねば・・とせっせと爪パンチを受けても
触っています。
その甲斐があって、最近ではフード(ちゅーる)を手から
ぺろぺろというかガツガツとなめる?食べる?感じです。

で、最近はとっても食べ物にわがままになってしまいました・・・・トホホ。

H29年1月11日 うめちゃん
写真は「うめちゃん」。

凶暴なうめちゃん。
でも、とっても甘えん坊なのです。特に猫に対して・・。
本当は、ケージから出してあげれば
ミラーにも、ぐれたろうにも、甘えると思うけれど
食事療法で、うめちゃんだけ食事が違うので
やっぱりケージから出して上げられない・・・・ゴメンね。

せめてと思って
爪パンチを受けながら、さすっています。

去年、旅立ってしまった「ブルメ」に会わせてあげたかったと
いつも思ってしまいます。

H29年1月11日 ぎんじ
写真は「銀地」。

銀地は人間にとっても馴れている猫です。
甘えん坊なので
この生活はかわいそうかも・・。(ほとんど猫たちだけの生活なので)

一緒にいるおじいさん猫「まつ」のストレスを考えると
今は連れて行けず・・・・。
時がきたらは一緒に生活しようね。

最近銀地の毛並みで気がついた事があります。
体毛は体の部分によって
毛の長さが異なる事に気がつきました。

首の周り、尻尾、そして腰の部分は長い。
お腹の周り、頭の毛は短い。

長毛種の長さってこんなものなのでしょうか。

それとも
「銀地」が異常?
それで捨てられたのかしら?

H29年1月11日 いっぷく
写真は「いっぷく」。

「いっぷく」は
まだまだ頑張れると根拠もなく思っていた私。

ちょっと目には「いっぷく」は元気に見えます。

そして、腎臓も悪いと思うけれど
他の猫よりも悪くなさそう・・・・。

でも、ドライフードはほとんど食べない。

食べ始めるときの勢いは凄いけれど
でも、すごくたくさん食べているようでもない・・・・・。

食べ初めの勢いは
外猫では通常かもしれないです。
しかし、よく見ていると
決して食べ過ぎることもなく
それどころか
少ないです。

満足すると、こたつに静かにもぐって寝ています。
足りないと
他の子たちのご飯を取りに行きます~(苦笑)。

願わくば
この状態で、穏やかに少しでも長く過ごせますように・・・・。

乗せきれなかった子たちは
又、後日・・・・。(ミラー、チャコ、ちいめ、ちゃちゃ、犬のろくそして時々家族のハイジ)

今年載せられた子たち
来年の1月も元気で
写真を載せることが出来ますように・・・・。(祈)。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いっぷく~♥

 久々のいっぷくの姿に萌え~♥
 
 外にいた時よりもさらに痩せているようですね…

 でも、威張る元気があればいいか!?

 本当は実物に会いたいですが、写真で我慢(^▽^;)
 
 そして、「ごぐ」ですが、こんなに小さかったんですね。可愛い♥
 
 「銀地」の毛並みですが、アビシニアンという猫の長毛種に似ています。
 胸の毛がふさふさなのが特徴的です。
 
 アビシニアンは本来短毛種で、その突然変異だったと思います。
 
 昭和40年代に流行った種です。
 
 その血が混じっているんでしょうかね?ゴージャスデスネ~>^_^<

No title

めしババァ さま~。
いつも、有難う御座います~。

いっぷくは、食べる量は少ないです。
多分、病気というより、老衰になって行くような気がしています。
でも、今の生活は多分、ゆったりしているように思います。
ゆっくり、生活してくれればいいです。

銀地の事、びっくりです~\(^O^)/

詳しいですね。
猫の種類など・・・・・。有難う。

猫自身は、毛並みは全く関係ない所が、楽しいですね。
その事で威張らないし~(笑)。

人間だったら
「私ってすごいで!」になりそうな・・・・(笑)

今日はコンサート行けずにごめんなさいm(__)m
あまりの寒さに
動けなかったです・・・。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード