スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報。(マロン)

平成4年(1992年)から始めてしまった外猫たちとの関わり。

当時初めて関わって
感銘を受けた3匹の猫がいました。

シャムハーフの「ママ」
産んだ子猫たちを、慎重に、上手に育て上げました。
耳の聞こえなかった故「にゃおん」には
特に、厳しかったです。
車の音も聞こえないので、道路ではよく母猫「ママ」に頭をたたかれていました。

「にゃおん」を保護して
一年後に「ママ」を術後の一時預かりの時に
再会した「ママ」と「にゃおん」
「ママ」は「にゃおん」がわかり
ルールーと呼んでいたことに感動しました。

そして
中毛で白地にとらの「とらそ」
足が白くてソックスをはいているようでした。
私が初めで最後のカナダへ行って留守の時に
「とらそ」は交通事故でたびだってしまいました。
でも、
その時に私の手に挨拶をしてくれました。
勘違いだと思うかもしれませんが
私は、来てくれたと思っています。

そして
とら柄でも模様がしもふりのようだったので
名前は「しもちゃん」。
その「しもちゃん」は子育てもすごかったです。
トレイに魚を置いたら
「しもちゃん」は必死でトレイ毎引っ張って行きました。
子供たちに上げたかったのでしょう。
そして
「しもちゃん」はその後、最後まで外で生きていました。
そして最後の朝・・・。
顔を上げ
空を見上げて
そしてどこかに
ヨロヨロしながら去って行きました。(友達の家族が見守っていました)
どこで旅立ったかは分かりません。
でも、「しもちゃん」の子育てといい
最後の姿といい感動しました。

これらの出来事があって
感動をして
そして今の猫まみれの私が出来たのです。

今日旅立った「マロン」は「しもちゃん」の忘れ形見でした。

その3匹の猫の原点から25年・・・・・。
全てが終わりました・・・・。「マロン」の死によって・・・・。

複雑です。
悲しいのか
ホットしたのか
でも、心に穴が空いてしまった感じです。

あの当時のみんなに
「マロン」は再会をしているでしょうか・・・。

私も混ぜてくれ~。
会いたいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

猫っていつでも必死に生きてますよね

本当に感動するくらい、ただただ生きる為に生きている

人間は余計な事を考え過ぎるのかもしれません。

マロンちゃん、安らかに。
こまさんはまだ混ざっちゃ困ります。
もう少し頑張って。

No title

こまさん、まだ混ざるのは早いです。

公共施設の猫達も頑張っているし。

頼りにしております。

シロも最期は看取りたいですが、どうなるのかな…

なんて、コメントを打っていたらいつの間にか窓の外でシロが待っていました。

御飯を食べるシロを観て、オヨヨがもだえております。

何やってんだか?(^^;

No title

りんさん。

このすごい子育てで、感動したものの、でも、
もう見れません。(苦笑)。

そのために、せっせと手術して、リリースの日々でした。

当時の思いでの猫たちに会いたいけれど、今の保護猫たちを送って、落ち着いてからですね。(苦笑)。

変な書き方をしてごめんなさい。

No title

変な書き方をして、ごめんなさい。

ただ、懐かしくなって、又、会いたくなっただけです~✌

外猫たちは、人間の努力だけではどうしようもない事が、ほとんどなので、出たとこ勝負です。

しろちゃんも楽しんでいるようだし~(笑)。

いつも有り難う。
公共施設の猫たち、頑張りましょう~✌
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。