故「まつ」のテリトリー。

iei matuto
写真は「まつ」

故「まつ」のテリトリーは
我が家、全部でした。

家のどこに行っても
「まつ」の姿が浮かんでしまします。

お風呂場、台所、居間、三階、小部屋・・・全てが
くつろいで居た場所でした。

いつまで経っても
ちっとも胸の痛みが取れず・・・変だなと思っていました。

あらゆる物、所が「まつ」がいた所なんだとしみじみ・・・・。
このままでは、いつまで経っても
思い出してしまう。

そこで
下の保護部屋の猫を
連れて来ようと
ずっと、考えていました。

いろいろ考えて黒猫「こぐ」に決めました。

で、私の所に連れて来ました。
そこで、思いっきり、自分の思い違いを思い知りました・・・(涙)。

保護部屋で一番懐いていた「こぐ」。
直ぐに馴れると思っていました。

そんなうぬぼれが恥ずかしいです。

「こぐ」はあの保護部屋で
みんなと一緒にいたからこそ
安心したから甘えていたのです。

猫にもよると思うけれど
集団の生活も決して嫌いではないような
気がします。

「こぐ」は猫たちと離されて、
ショックだったと思います。

それで、手の届かない押し入れの奥にもぐってしまいました。

近寄って来ないので
捕まえて
保護部屋に戻すことも出来ず・・・・・。

里親に行った猫のようです・・・・。とほほ。

でも、やっと
食べるようになり
トイレも使っているので
気長に馴れさせるしかないです。

触れるようになってから
次を考えます。

困っているのです・・・・。
1日に一回は
「こぐ」と目を合わせて
謝っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

猫はたいてい人間の思い通りにならない生き物ですよね。

良かれと思うことが違う事は沢山あります。そっち⁈っていつも思う。笑

こぐちゃんと仲良しをもう1匹、一緒に置いたらどうかな?

こまさん頑張ってー

No title

りんさん。
いつも、有難う~。

いなければいないで
それなりの環境ができるようで・・・・・。

こぐがいなくなった分、他の子が甘えてきます(苦笑)。
こぐの居場所がなくなってきてるような・・・・。

このまま、ならすしかないようです。
里親さんの気持ちが
わかるよな・・・・・。

頑張ります!(笑)。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード