尻尾の祈り・・。

不覚な事に
「ちいめ」を脱走させてしまいました。本当にトホホです。

親分とちいめH28年2月
写真は「ちいめ」と言うことで・・。若い頃です。

が、戻って来ると七割思っていましたが
近くに姿を見せるものの
一向に
部屋に戻る気配がありません。

同居猫は「ちいめ」の他に「銀地」「ちゃちゃ」たち。

で、ねぐら探しを「銀地」に託しました。
扉を開けて
「銀地」も外に出しました。
H27年12月 銀地
写真は若い頃の「銀地」

で、期待に応えてくれた銀地。

人間からは見えないところに
姿を隠していた所を見つけてくれました。

しかも
連れ出そうとしてくれたけれど
そこは猫。

続いて出てこない「ちいめ」にしびれを切らしその場を離れました。

でも、さすがに凄いと感激!
有難う~「銀地」!

更に凄かったのは
「銀地」は部屋に戻りたがり
戻すと
おばあさん猫「ちゃちゃ」の所に行き
まるで安否を確認するように
挨拶~。
H27年12月 
写真は若い頃の「ちゃちゃ」

(ーー;)凄すぎるよ。
「銀地」の株が上がったのは言うまでもない事でした。

他の猫たちは
外に出ると猫が変わり
野良に戻ってしまう・・・(涙)

部屋の中でいくら甘えても
外になると、ほとんど来ないです。

そんななかで「銀地」は全く
外も中にいても全く変わらず・・・(うれし泣)

もう、「ちいめ」を戻すのは
捕獲器を使うしかないです。
「ウメ」ちゃんの二の舞はしたくないので
頑張るしかないです。

で、おまじないもやってみました。

それは
長い尻尾の猫の先を手で挟み
「ちいめが戻ってきますように・・・」南無南無・・・・。

おまじないに協力してくれた猫は
「ぐれたろう」「ミラ-」「こぐ」だけでした。

短いしっぽだったり
そんなことをすると
逆襲にあうので・・・・(恐)

どうか、おまじないが効きますように・・・・・。


「まつ」の事。

29年 まつ
写真は「まつ」

年齢は分からないです。
が、かなり高齢だと思います。

そして
腰の辺りは激やせです・・・・。
そして
呼吸が激しいです。

「まつ」が横になるとき
人間でいうなら
痛みをこらえてなんとか座れたってみたいな・・・・。

感心をするのは
多分痛みもあると思うけれど
頼ることもなく
淡々と生活している事。

抱っこや
一緒に腕枕で寝る事は嫌いな様子。

嫌いと言うより
子猫の時にそんな経験はなかったのでしょう。

でも、さりげなく
私の近くにいる「まつ」。(苦笑)

ただ、他の猫は嫌いなので
このまま
一匹だけで
静かに過ごさせたいと思います。

少しでも
苦しまずに
長く一緒にいましょう~ね。

甘夏通信。

H29年3月24日甘夏

久々の「甘夏」です。

保護した時から逆算して
3月生まれ(多分)と推定。

丁度息子とも、私とも同じなのでわかりやすいかと~(笑)。

1歳のお誕生、おめでとう~。甘夏。

自分から甘えてくるときは甘えん坊。
布団にも入ってくるとか・・・・。

が・・・・・自分から離れた時は
逃げて捕まらない・・・・。

引っ越しの時も
もう1匹の黒猫「ぐり」は直ぐに出て来たけれど
「甘夏」はほぼ1日出て来なかったとか・・・・。

マッ・・完全室内飼いなので
出てくるまで待っていられるよ~\(^O^)/


一週間。

気がつけば
「いっぷく」の火葬が終わって
一週間が経っていました。

一緒に最後まで見送って分かった事は
「いっぷく」は甘えん坊だったと言うことでした。

最後はほとんど
ケージの中でなるべく落ち着くように
布などで囲ったりするのですが
「いっぷく」はいやがりました。

鳴くのです。

で、そのたびに体をなでていました。
なでるのを止めると
又、鳴くのです。

最後はとても穏やかで
苦しまなかったです。

苦しくて、口も開けることもなく・・・・。

しみじみ
あの環境で15年位頑張っていたと・・・・。

いっぷく自身も頑張ったけれど
それを支えてくれたのは
やはり
ボランティアさんたちだと思います。

有難う御座いました。

今後
いろんな問題(公共施設の建て替え問題?移転?)が迫ってくるなか
今は
嵐の前の静けさのようです。


h29年2月9日の「いっぷく」

今朝、「いっぷく」のいる部屋を覗きました。

今までは、必ずこたつから出て
入り口で待ってくれていた「いっぷく」

でも、今朝はその姿はなかったです・・・・。

覗くのが怖くて・・・・。確かめるのが怖くて・・・。

代わりに、近くにいた他の猫をギュッ!と抱きしめ
体温を感じていました。

でも、ヨロヨロとやっと出て来たいっぷく・・・・。

状況は好転していないし
奇跡も起きていないけれど
とっても、嬉しかった・・・。
ただ、生きていたというだけで・・・・。

おそるおそるnキャリーに入れ
私に部屋のケージに入れました。

しばらく
一緒だよ。

まつは部屋の押し入れに、逃げました。

よろしくです。
プロフィール

ねここま

Author:ねここま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード